無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


ウェブページ

趣味

2020年11月12日 (木)

うだつの上がる町、美濃を散策

愛知県出張の前にはじめて訪れた岐阜県美濃市。

うだつの上がる町、そして美濃和紙で有名な美濃の町は、思っていた以上に素晴らしかった。

Kimg4920 

歴史のある建造物が保存され、しかも現在も店舗や住まいとして使われ続けています。

さらには、電柱と電線が地中化されているため、町並みが美しく、空が広く感じられます。

もちろん、町並みが美しい理由は、建物の高さ(軒の高さ)が揃っていることも大きいです。

Kimg4921

こちらの建物も間口が広く、立派なうだつが建っている「旧今井家住宅・美濃史料館」。

江戸末期から昭和16年頃まで庄屋を勤めてきた和紙問屋。

Kimg4948

畳の間が続き、水琴窟が響く中庭もあります。

Kimg4938

Kimg4931

ボランティアガイドの丁寧で詳しい説明を聞くことが出来て良かったです。

ここをあとにしたら、ちょうどお昼だったので、ランチタイム。

素敵な佇まいと立派なうだつに引かれて入った蕎麦屋。

Kimg4954

Kimg4953

せいろとサツマイモの炊き込みご飯のセットを注文。

とても美味しく、蕎麦も私好みでした。

後で知りましたが、ここの蕎麦屋、とても人気があるそうで、並ぶこともしばしばだそうです。

Kimg4908

さらに、こちらの建物とお隣の建物は、それぞれがうだつを立てている珍しい場所でもあります。

町並み散策を再開し、途中で老舗菓子店「時代軒菓舗」でお土産にサブレを買いましたが、箱といい包装といい、和紙の町ということもあってか、見た目は和菓子のような感じですが、中身は洋菓子でバターの香りとアーモンドスライスが合って美味しかった。

Kimg5003

Kimg5050

散策していると、やはり甘いものが欲しくなり、目に留まったカフェへ。

Kimg5010

わらび餅とあんこ餅のセットを。

わらび餅が大好きな私には、たまらない美味しさでした。

Kimg4894

さらに町歩きを再開し、歴史のありそうな酒屋へ入ったら、昔の電話室と電話機が当時のままで置いてあった。

Kimg5007

Kimg5008

帳場も箱階段も金庫も柱時計も当時のまま。

タイムスリップしたような感覚になった。

Kimg5009

ちょっと重たかったけれど、お土産に美濃で唯一の蔵元「小坂酒造場」で作られている「百春」純米吟醸の4号瓶を買った。

日帰りでしたが、天気にも恵まれて美濃の町を堪能しました。

次回は、ぜひ泊まりで来たい。

2020年10月12日 (月)

長良川鉄道に乗ってうだつの上がる町並みへ

先日、出張先から近い岐阜を訪れました。

目的地は、美濃市。

和紙とうだつのある建物が有名で、歌手の野口五郎の故郷でもあります。

新幹線で名古屋まで行き、JR東海道線で岐阜駅へ。

快速に乗ると、名古屋から岐阜はメチャクチャ近い。

岐阜駅から美濃太田駅までは、2輌編成のディーゼル車。

なかなかのローカル気分。

そして、美濃太田駅からは長良川鉄道に乗り換え。

実は、はじめて乗った長良川鉄道。

とても楽しみでした。

単線、ディーゼル車輌、1輌編成。

まさしくローカル線。

Kimg4831
心地いい音と揺れを感じて、美濃太田駅から美濃市駅へ。
Kimg4837
木造駅舎と郵便ポスト。

Kimg5013
ここから歩いて、うだつの町へ。

途中、どうしても来たかった「旧名鉄美濃駅」。

Kimg4846

なんと、当時活躍した車輌が展示してあるんです。

Kimg4858

以前、BSプレミアムで六角精児さんの番組を観て、訪れたいと思っていました。

Kimg4848

駅舎も当時の面影を残してました。

Kimg4870

野口五郎のポスターもたくさん貼ってありました。

さて、ここを後にして、うだつの上がる町並みへ。

(次回へ続く)

2020年8月 4日 (火)

古民家で開催されたイベントにて

先週、久しぶりに都心へ外出してきました。

向かった先は、自由が丘。正確に言うと奥沢。

自由が丘は目黒区、奥沢は世田谷区とこのあたりは、区境ということになる。

実は、以前からインスタグラムでお互いにフォローし合っている方とそのお仲間が、昭和レトロの古民家を借りてハンドメイドのニット作品などを展示販売するイベントを開催されるということで伺い、はじめてお会いしました。

普段、インスタグラムでお互いにコメントをしているので、初対面というのがなんだか不思議な感じがしました。

散策しながら古き良き建築物を見つけて写真に収めるという共通の趣味にピッタリの会場は、築80年の平屋建ての和洋折衷住宅。

勾配が少し急な青色洋瓦の切妻屋根が連なった外観は、十字路の角地に建っているため、一際存在感があります。

Kimg3871

こちらの古民家は屋根だけではなく、窓枠と玄関扉も竣工当時のままというから驚き。

しかも玄関扉は、内開きの両開き。

Kimg38642

日本の玄関扉のほとんどが外開きに対し、洋館のそれは反対に内開き。

本来、日本の家屋は狭く、扉よりも引戸が主流で、外開きのほうが扉と床面との納まりが良く、すきま風も入りにくいという点と外開きの扉のほうが、内玄関の土間スペースが小さくて済むという大きく二つの利点があります。

一方、内開きの扉は、客人を招き入れるという考えにより洋館では主流ですが、さらにこちらの古民家は、その内開きの扉が両開きという点が特筆すべき点だと思います。

Kimg38632

Kimg3868

Kimg3861

玄関の間口を広くしたいけれど、一枚の扉では幅が大きく開く際に大きな弧を描くため、内玄関の土間スペースを広く確保する必要がある。

したがって、両開きの二枚扉にすることで、開いた際に内側に描く弧が小さくなり、土間空間をそれほど広くする必要がない。

というのが、私個人の推測です。

二枚の両開き扉にすることで、扉同士の精度と鍵などの金物の取り付け精度が求められるが、それらをこの玄関扉はクリアしていて、80年経った現在も現役というのが、驚きです。

さらに色付き型ガラスも当時のまま、軒天を見れば和風建築でよく見られる格天井。

そして右に見えるのが、可愛い郵便受けの投入口。

Kimg3870

Kimg3867

これだけを見ても住まい手の方が、この建築に対して持つ愛着の大きさを感じます。

通常ならば、個人宅は外観のみしか見ることが出来ませんが、今回はイベント開催ということで内部も拝見出来るという大変貴重な機会を得ました。

しかも住まい手ご本人と今回はじめてお会いすることが出来たインスタ仲間の方から丁寧な説明を受けることが出来ました。

Kimg3847

室内扉も型ガラスは当時のまま、一枚板が使われて素敵です。

Kimg3849

照明器具と天井の装飾が合ってます。

Kimg3862

下足収納は控え目ですが、しっかりデザインされています。

Kimg3850

小窓も木枠と型ガラスは当時のまま。お洒落です。

Kimg3858

Kimg3859

中廊下の暗さを解消するためと風通しのために設けられた開閉式の欄間。

Kimg3857 

和室には、細い桟と細かい細工のガラス障子。

Kimg3855

屋根を支える桁は、太くて立派なスギの一本ものが貫いてます。

そして室内の天井仕上げがそのまま屋外の軒天となっています。

Kimg3852

今回、インスタグラムといういわゆるSNSで知り合った方とはじめてお会いしてお話も出来て、イベントで販売されていたご自身によるハンドメイドのコットンで編まれたお洒落なマスクも購入出来て、良かったです。

Kimg3835

Kimg3836

 

2020年6月 8日 (月)

地元のお店でテイクアウト

コロナ禍が続く中でもっとも大変な状況なのが、飲食業界。

私の地元にある飲食店も営業時間を短縮したり、テイクアウトのみの営業を続けたり、座席を減らして仕切りを設けたりと頑張っています。

私もランチは、ほとんどテイクアウトのお弁当やパン屋さんで好きなパンを買ってきて、仕事場で食べています。

Kimg3176

こちらは、近所にある自然派ワイン食堂「クラクラ」(石神井町2丁目)の週替わり弁当。

Kimg3280

こちらは、「クラクラ」の並びにある割烹料理屋「若杉」(石神井町2丁目)のキングサーモンのお弁当(味噌汁付き)。

Kimg3254

こちらは、石神井商店街のみずほ銀行の向かいにある「肉のタナカ」(石神井町3丁目)のミックス弁当。

ここのお弁当は、種類が豊富でしかもリーズナブル。

そして、もう一軒。石神井商店街にある中華料理屋「玉仙楼2号店」(石神井町3丁目)のお弁当。

Kimg33582

種類も豊富で、なんと380円という安さ。

このほかにもテイクアウト出来るお店が石神井界隈にはたくさんあり、それらのお店が掲載されているマップが、早い時期に地元のクリエイターたちにより作成されています。

Kimg32552

Kimg32562

もちろん、ランチタイムだけではなく、夕食のためにテイクアウトも出来ます。

Kimg3252

Kimg3327

こちらは、石神井庁舎の近くにあるビールバー「スプラウト」(石神井町3丁目)の山賊焼きと焼き鳥、お弁当を前日に事前予約して、翌日の帰りに受け取って夕食に食べました。

お店のオーナーさんから手書きのメッセージをいただき、嬉しかったなぁ。

Kimg3262

Kimg3257

こちらのバラちらし丼とおつまみは、駅前マンションのライオンズプラザ地下にある居酒屋「とおるちゃん」(石神井町3丁目)で、先月夕食用にテイクアウトしました。

自宅に高齢の両親がいて、なかなか外食も買い物も出来ない状況なので、このような夕食は両親にも好評です。

Kimg3209

また、石神井公園駅近くの西友の通りにある魚屋「魚隆」(石神井町2丁目)でも先月、夕食用にお刺身の盛り合わせを注文して、仕事の帰りに受け取って家族で食べました。

お刺身自体、最近ほとんど自宅で食べることがなかったので、高齢の両親がとても喜んでくれました。

コロナ禍は、残念ながらまだ当分終息する気配はありませんが、地元で頑張っているお店を微力ながら応援させていただけたらと思います。

2020年5月22日 (金)

今、お気に入りのお菓子

コロナ禍の状況なので、事務所に籠もって仕事をする時間が多くなっています。

なので、休憩時間にストックしているお菓子を食べることも自然と増えてきてしまいます。

近所のコンビにやお菓子屋で色々とお菓子を買い込んでいるのですが、その中で私のお気に入りのお菓子がこの二つです。

ひとつは、「ピリカレー」というスナック菓子。

某大手菓子メーカーのえびスナックのカレーバージョンという感じがしないでもありませんが、カレースパイスが効いてて美味しい。

こちらもやめられない、とまらない。

製造しているところが、「天狗製菓」という京都府京都市伏見区というのがちょっと意外な感じもしますが、クセになる美味しさです。

Kimg31772

もうひとつは、私にとっては懐かしい駄菓子です。

私がいつも買うコンビニでは、この6種類が詰め合わせとして袋に入って100円で売っています。

何故か、お菓子の名前に<太郎>が付いているのが面白い。

Kimg31732

これら全ての駄菓子は、茨城県常総市にある「菓道」という菓子メーカーで製造されている。

小学生に戻った感じで、いつも食べています。

2020年5月 1日 (金)

こういう状況だけれど

新型コロナウイルスの影響で、外出が制限されて不自由な生活を送っていることと思います。

幸い、私の仕事場は自宅から自転車で15分ほどの距離にあるので、平日は通常通り自転車通勤していますが、昼食は飲食店のテイクアウト弁当やパン屋さんを利用して仕事場で食べることがほとんどです。

なので、通勤の往復と昼休みに弁当やパンを買いに行く時間が唯一の外出時間です。

自宅から仕事場へ向かう途中、石神井公園を通って新緑を眺めています。

Kimg3211

Kimg3212

青もみじや柳が綺麗です。

Kimg3213

石神井池の隅っこには、黄色と赤色の鮮やかなチューリップが咲いていました。

Kimg3196

Kimg3194

仕事場の最寄駅でもある石神井公園駅の駅前ロータリーには、大銀杏に若葉が生えて黄緑色になりました。

Kimg3208

また、石神井池のボート乗り場近くに計画されている道路のちょうど真ん中には立派なヒマラヤスギが一本あり、今後どうなるかちょっと心配です。まさか伐採されることは無いと思いますが。

Kimg3201

一方、自宅近くの小さな公園には藤棚があり、ちょうど見頃を迎えていますが、こういう状況なので人は居ません。

Kimg3236

Kimg3237

短時間ではありますが、自然の植物から春を感じて、同時に力ももらっています。

どうか早く感染が収束して、日常生活が送れますように。

2020年3月18日 (水)

多治見のセラミックパークMINOへ

宿泊出張で愛知県春日井へ行った翌日、JR中央線に乗ってお隣の岐阜県多治見へ行ってきました。

目的は、二つの建築を見学するため。

ひとつは、前回のブログで書いた建築家、藤森照信さん設計の「モザイクタイルミュージアム」。

もうひとつは、建築家、磯崎新さん設計の「セラミックパークMINO」。

どちらもJR多治見駅からバスに乗って行くことが出来ますが、本数が少ないのでご注意を。

セラミックパークへは、小さなコミュニティバスでご年配の運転手さんとお喋りをしながら20分ほど。

Kimg2778

バスを降りて、この長~いブリッジを渡って行きます。

Kimg2823

山の谷間という地形の特徴を生かしたこの複合施設は、想像以上に広かった。

Kimg2782

起伏のある高低差に人工的な滝(カスケード)、水盤、階段、スロープが。

Kimg2829

スケールの大きさに少々戸惑うほどでした。

と同時に、工事の大変さが容易に想像出来ました。

Kimg2827

施設内にはレストランがあり、リーズナブルな日替わりランチをいただきました。(ビールも飲んじゃいました。)

Kimg2795

また、この施設内にある茶室をどうしても見学したかったので入り口まで行ったのですが、鍵がかかっていて。

Kimg2803

ダメ元で施設スタッフの方にお願いしたら、お仕事中だったにもかかわらず快く案内していただきました。

この茶室のことは、次回のブログで。

2020年3月10日 (火)

多治見のモザイクタイルミュージアムへ

先月、出張で愛知県春日井市へ行った際に、せっかくだったので翌日に愛知のお隣、岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアムを訪れてきました。

Kimg2772

以前から行きたいと思っていた場所だったので、今回来ることが出来て良かったです。

最寄駅であるJR多治見駅へは、JR春日井駅からJR中央線で乗り換え無しで20分ほど、JR名古屋駅へ行くよりも近くて少し驚きました。

しかし、多治見駅からはバスで約20分、本数が少ないので事前にチェックしておいて正解でした。

バス停を降りると、目の前がミュージアム。

小高いところからすり鉢状になったアプローチを下ると、かわいい入り口が。

Kimg2722 

建物の中へ入り、順路にしたがって最上階へ。

この長い階段の先にある光に誘われていくような不思議な空間。

Kimg2767

階段の手摺にもモザイクタイルが使われています。

Kimg2724

最上階は、見事なモザイクタイルの世界が待っていました。

Kimg2755 

Kimg2758

Kimg2745

床、壁、天井と見渡す限り、すべてモザイクタイル。

そしてこの最上階は、実は屋外。

丸くくり抜かれた部分は吹き抜けで、雨が降れば内部に吹き込む。

Kimg2764

Kimg2765

くもの巣のように張り巡らされたステンレスワイヤーにもモザイクタイル。

Kimg2761

元々、多治見は陶器の街として有名ですが、このミュージアムがある笠原地区はタイルの製造が盛んで、様々なモザイクタイルが今も生産されています。

そして珍しいことに、このミュージアムにはモザイクタイルのショールームがあり、気に入ったモザイクタイルがあれば購入出来ます。

私自身、存じ上げるタイルメーカーももちろんありましたが、存じ上げないメーカーもいくつかあり、スタッフの方とも色々とモザイクタイルについて話すことが出来ました。

ミュージアムショップと体験工房があり、モザイクタイルの世界を堪能できる素晴らしいミュージアムでした。

Kimg2769

 

2020年2月10日 (月)

久しぶりに西武多摩川線に乗って

先日、久しぶりに武蔵境から終点の是政まで西武多摩川線に乗る機会があった。

普段、西武池袋線を利用している私にとって西武多摩川線は馴染みが薄く、他の西武線とも接続していない稀有な鉄道でもある。

JR中央線の高架ホームと並んで隣りに控え目なホームがあり、時刻表を見ると平日、土日、祝日とも全く同じというのに少々驚いた。

ちょうど、西武多摩川線武蔵境駅ホームに着くと、以前西武池袋線や新宿線で活躍していた懐かしい101系のイエローカラー車輌が待っていた。

Kimg2424

といっても、ただ昔の使い古した車輌では決してなく、外部はしっかり塗装し直して車内もシートをはじめきちんと修繕されいて、車輌のフルリノベーションといったところ。

運転手のみのワンマン運転でのどかな風景の中、単線を走って行った。

単線なので、途中駅で上り電車と下り電車がすれ違う。

そこで、異なるカラーの101系と出逢った。

帰りに乗れたらいいなぁ、と思いを馳せながら終点の是政へ。

Kimg2425

改札口には、今となっては懐かしく珍しくなった有人改札が。

階段の昇り降りがなく、バリアフリーなのがいい。

Kimg2428

駅舎は、これといって特徴は無く、少し残念。

Kimg2427

帰りに再び是政駅へ戻ると、ちょうど同じ101系のブルーカラーの車輌が待っててくれた。

Kimg24310

しかし、あと一種類ある昔懐かしいレッドカラーの車輌にも乗りたかったので、終点の武蔵境駅のひと駅手前、新小金井駅で途中下車。

Kimg2435

この駅舎も趣きのある木造で、構造的に見ても美しい駅舎。

次の電車を待つと、予定通りあの懐かしいカラーリングの101系が来ました。

私が確か小学生の頃までは、西武池袋線と西武新宿線でもこのカラーリングの車輌はまだ走っていたと思う。

ただ、この101系が走っていたわけではなかったけど、いわゆる復刻車輌だ。

終点の武蔵境駅で記念に一枚。

Kimg2438

久しぶりに西武多摩川線に乗ったけど、思いのほか堪能出来て良かった。

 

2020年2月 6日 (木)

名古屋日帰り出張の楽しみ

今年に入って名古屋へ日帰り出張の機会が多くなった。

正確に言うと、名古屋から在来線に乗って行く某市へ。

朝の10時までに着くように東京6:50発の新幹線のぞみに乗車することが多い。

Kimg2410

そんな早朝の東海道山陽新幹線ホームには、まだ1編成も入線していないとてもレアな光景に遭遇することが出来る。

ちょうど東海道山陽新幹線の14番ホームから20番ホームの東北・上越・北陸新幹線ホームが見通せて、松本清張の小説を思い出す。

ホーム下の通路も良く見える。

早朝の新幹線に乗車する時は、朝食はお気に入りのお弁当「朝のおむすび弁当」と決めている。

朝食としては十分の量で、しかも嬉しいことにお茶とセットにするとワンコインの500円で買える。

とてもリーズナブルなので、7時半以降になると売り切れてしまうこともしばしば。

だから、買えるとこれだけで気分が上昇する。

Kimg2411

発車と同時に車窓を眺めながらいただく。

新横浜を出発すると、次の楽しみは富士山。

なので、私はいつも決まって座席は、2人座席の窓側E席をリザーブする。

今は、EXアプリで乗りたい時刻の新幹線の好きな座席をいつでも予約出来るからとても便利になった。

Kimg2455

この日は運良く雪を被った美しい姿を見ることが出来た。

名古屋まで1時間40分ほどの乗車。

ここまでが、往きの楽しみ。

Kimg2458

少し早い夕方に仕事が終わった時には車内で駅弁を食べず、新幹線ホームにある「住よし」できしめんをいただく。

Kimg2346_20200206131001

なんと言ってもここの出汁が美味しい。鰹節もどっさりのっていて、ホームにいい香りが漂っている。

回転率が早いので、並んでいてもすぐ順番が来る。

食べたあと、帰りの新幹線車中では、缶ビールと山ちゃんの幻の手羽先風味柿の種を。

Kimg2413

この組合せは、駅弁を車中で食べる時も実は同じ。

帰りが夜になった時は、駅弁を買う。

前回は、幕の内の復刻弁当。

包装紙といい、中身をいい、昔懐かしい美味しいお弁当だった。

Kimg2412

お土産は、昔よく祖父が名古屋出張の帰りに買ってきてくれた「青柳」のういろう。

当時、祖父が買ってきたういろうは、1種類が太くて大きい1本サイズのを3種類わざわざ持って帰ってきてくれたが、お土産用なのかコンパクトで5種類のういろうが箱に入って売っていた。

Kimg2394

前回の出張の際には、地元では有名な「しるこサンド」を買った。

はじめて買っで食べてみたが、思いのほか美味しくて牛乳とよく合う。

Kimg2462

また来週、名古屋へ行くので、今からお土産に何を買って帰るか考え中。

より以前の記事一覧