無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


経済・政治・国際

2016年10月19日 (水)

講習会で東京都庁へ

先日、東京都防災ボランティア制度に基づいた

「被災建築物応急危険度判定員講習会」に参加

するため、ただいま何かとメディアに登場する新宿

の東京都庁舎へ行って来ました。

第一本庁舎へ着くと、なにやら凄い人。

セキュリティが厳しいせいか、入庁手続きのために

用紙に記入して入庁許可証を首にぶら下げて5階へ。

天井の高いホールで受講手続きを。

壁一面には、名誉都民であろうか著名人の顔写真の

額が飾られてありました。

この日の受講者は2~300人であろうか?

すでに多くの人が着席していました。

午後1時40分から夕方5時までの受講でしたが、途中で

過去おこった大震災や今年の熊本大地震の映像が流れ、

拝見して改めて地震の恐ろしさを知ると同時に、人の生命

や財産を守るために家屋などの建築物が倒壊しないように

しなければいけないと思いました。

今回、この講習を受講しようと思ったのは、熊本の地震で

被害を受けた建物の度合いや程度を判断する専門家が

不足していることを知ったからです。

だから東京からも専門の都職員と建築士が応援に行った

というお話もこの講習で聞きました。

今後30年のあいだに東京近郊で震度7クラスの大地震が

起こる確率が70%ということを聞くと恐ろしいですし、東京

ではさらに多くの建物が倒壊の危険にさらされることになる

でしょう。

その時に、建物の危険度を判定する人間がたくさん必要に

なると思います。

もちろん、大地震が起きずに応急危険度判定員の出番が

ないことが一番いいわけですが。

もし、大地震が起こってしまった時に、私のような建築士が

少しでもお役に立てられれば、という気持ちでこの講習会

に参加しました。

Kimg8414

2010年11月26日 (金)

重要事項説明での1コマ

クライアントと設計監理契約を結ぶ前には、設計事務所側から

クライアントに対して建築士法第24条の7に基づいて設計監理

契約に先立ってあらかじめ内容などを説明をおこなうことが義務

付けられている。

「重要事項説明書」という書面とあわせて説明をする建築士の

「建築士免許証」を提示するのだが、このあいだの説明の際に

クライアントから

「この免許証に書かれている国土交通大臣の林寛子という方は

どういう人でしたっけ?」

と聞かれた。

皆さんは、この国会議員をご存じだろうか?

実は、この方はあの扇千景の本名なのです。

私もこの一級建築士免許証をもらった時に初めて知りました。

日ごろ芸名で国会議員活動している方でも大臣に就任して

公文書などで署名する時には、やはり本名で書くようです。

「ならば、なんではじめから本名で議員活動しないんだ。」

と思いませんか、皆さん?

別に、一級建築士の免許を取得した時の大臣が誰であろうと

関係ないが、その当時の大臣の名前を見て誰だかわからない

なんておかしいです。

それでなくても、我が国のトップである総理大臣がコロコロ変わり、

それに伴って大臣も変わったり、自らの失言により短期間で辞任

したり更迭されたりするんですから。