無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


文化・芸術

2019年10月10日 (木)

荒川放水路の舟めぐり

このあいだの土曜日、「大人の社会科見学」と題して荒川放水路の舟めぐりをしてきました。

集合場所がJR赤羽駅から20分ほど歩いたところの荒川知水資料館アモアという荒川沿いにある施設だったので、せっかくなのでちょっと早めに出掛けて赤羽界隈を散策しながら向かいました。

当日の参加者は35名、主催者スタッフ5名で、まずは集合場所の荒川知水資料館アモアをボランティアスタッフの説明を聞きながら見学をして、いざ舟めぐりへ。

実は、出発地はここからすぐの岩淵リバーステーションだったのですが、当日は北区の花火大会が予定されていたため、急遽出発地が変更となり少し川上の川口リバーステーションになったという、乗船時間が少し長くなる嬉しいハプニングがありました。

荒川を舟でめぐる楽しみは、普段は見られない川からの眺めと川に架かる橋をくぐることと橋の裏側が覗けることです。

P1390194

今回は、新荒川大橋から平成橋まで計27もの橋をくぐりました。

P1390207

水門もいくつも見ることが出来ました。

鹿浜橋を裏から見ると、その重厚さと迫力を間近で体感。

P1390211

また、荒川沿いにはスーパー堤防が築かれていて、その先には大都市東京らしい高層マンションが乱立している風景も。

P1390221 

こうして大規模な橋脚を間近で見ると、日本の土木技術レベルは改めて凄いと思ってしまいます。

P1390224

Kimg1663

美しいアーチ状の橋は、五色桜大橋です。

P1390232

P1390233

こちらの緑色の大きな橋は交通量の多い扇大橋で、隣りの水色の橋は日暮里・舎人ライナーの橋で、二つの橋の大きさの違いに驚きました。

日暮里・舎人ライナーの橋は比較的新しいので、洒落たデザインになっています。

P1390242

この変わった建造物は、水面の高さを測定するためのものらしいです。

P1390247

このトラス構造の橋は、東武伊勢崎線の鉄橋です。

それにしても、荒川には自動車用と鉄道用の橋が数多く架けられています。

P1390261

P1390280

P1390287

こちらは、吊り構造のかつしかハープ橋です。

P1390290

平井大橋は、橋が低く架かってして迫力がありました。

P1390293

JR総武線の鉄橋は、こうしてみると長い。

P1390317

船堀橋の向こう側にも高層マンションが乱立してます。

しばらく進むと、今回のメインイベントである「荒川ロックゲート」へ。

荒川ロックゲートとは旧中川と荒川を結ぶ閘門で、水面の高さが異なる二つの川のあいだを舟が通行出来るようにするための施設です。

P1390329

閉まっていたゲートが上がったら舟は進み、閘門内に完全に入ったら再びゲートが下がって閉まり、旧中川の水面高さと同じになるまで水を抜いてゲート内の水位を2メートル以上下げます。

P1390342

そして奥にあるもう一方のゲートを上げて旧中川へ舟を進ませます。

いわゆる川のエレベーターみたいな感じです。

P1390348

通常ここは、運搬用の舟しか通行しないので、今回とても貴重な体験でした。

終着場所は東大島の番所橋乗船場で、乗船時間はゆったり100分ほどのたいへん有意義な舟めぐりでした。

 

 

 

2019年9月17日 (火)

練馬区立向山庭園へ

少々前のことになってしまいますが、8月29日に豊島園駅のすぐそばにある練馬区立向山庭園へ行ってきました。

この日が祖母の命日だったので、菩提寺である豊島園の十一ヶ寺へ墓参りをしてきたのですが、いつも墓参りのあとに近くの向山庭園へ立ち寄っています。

Kimg15240

Kimg15090

ここの庭園は高低差のある回遊式庭園で、多目的室や和室がある主屋と離れの茶室、池もあり、私が好きな場所です。

Kimg15160

ちょうど夏の時期ということで、軒先には風鈴がいくつもぶら下っていて、いい音色がしていました。

Kimg15290

青もみじも綺麗で、珍しい色と柄の花が咲いていました。

Kimg15140

Kimg15120

また、茶室の入り口には鮮やかな紫色の桔梗も咲いていました。

Kimg15220

紫色は祖母が好きだった色なので、この美しい桔梗を見つけた時、祖母のことを思いました。

 

2019年9月 9日 (月)

青梅で建築散策(其の参)

「青梅で建築散策(其の弐)」のつづき。

先月に建築散策をした青梅の街。

宿場町だったこともあり、歴史のある建物が旧街道沿いに意外と多く建っていました。

街道から一本脇道に入ると、古い民家をリノベートしたカフェもありました。

Kimg1359

また、このような細い路地の横丁が残っていたり、風情がありました。

Kimg1361

Kimg1362

青梅駅から東へ少し歩いたところには、立派な松の木が印象的な木造三階建て近代和風建築の鰻屋さんが。

建てられた大正末期から昭和初期の当時としては、木造三階建てはとても珍しかったはず。

Kimg1364

さらに東へ進むと、趣のある看板建築が。

写真館だったようですが、残念ながら現在はやっていないようです。

と思ったら、並びに別の写真館がありました。

Kimg1366

1階ショーケース下の腰壁がモザイクタイルで、2階の開口部とバルコニー手摺が印象的なファサードでした。

Kimg1369

またその同じ並びには、1階部分の外壁が石貼りで、張り替えて間もないように見えるテントのフォントがなんとも言えずいい看板建築のヘアーサロンです。

Kimg1370

再び青梅街道に出て、今回の青梅散策で是非とも見学したかった「旧稲葉家住宅」ともうひとつの「津雲邸」へ向かいました。

しかし、なんと展示物の入れ替えで臨時休館。がっかりです。

仕方ないので、外観だけ見学。

次回の楽しみに取っておきます。

Kimg1371

Kimg1373

このあとは、さらに青梅街道を東へ。

「西分一」の信号を右折すると、大谷石の蔵が目に飛び込んできます。

Kimg1383

ここは、青梅織物工業協同組合の事務所で、敷地内にはパステルカラーに塗られた下見板張りの洋風建築があったり、織物業で栄えた群馬県桐生や埼玉県秩父でも見かけたのこぎり屋根の建物があります。

Kimg1385

Kimg1384

ちなみに大谷石の蔵は現在、リノベートされて食とアートの出会い空間「繭蔵」という名前のお店になっています。

この日は相変わらずの猛暑、せっかくここまで来たので、ちょっとひと休み。

Kimg1395

Kimg1393 

アイスカフェオレを頂いたあと、2階のギャラリーへ。

ハンモックが展示されていました。

Kimg1391 

青梅は当時宿場町だったという歴史がある街なので、ここが東京都であることを忘れてしまうぐらい素晴らしい建物とたくさん出逢えて、散策を堪能出来ました。

 

 

 

 

2019年9月 3日 (火)

青梅で建築散策(其の弐)

8月に建築散策をした青梅。

前回のブログ「青梅で建築散策(其の壱)」の続き。

青梅街道沿いを西へ進んだところにある「旧稲葉家住宅」を見学した後、再び青梅街道を東へ。

戻る途中、往きとは反対側に建っている建物を眺めながらぶらり。

Kimg1316

こちらにもレトロな郵便ポストが。やっぱり、青梅の街には、このポストが似合いますね。

Kimg1318

切妻屋根と軒、建具の格子、そして板塀の組合せと外観がこの街並みに溶け込んでいます。

そして、こういう歴史のある建物の多くが、屋根と軒の高さや位置が揃っていてプロポーションが整っているので、街並みに統一感があります。

以前はもっとこのような建物が並んでいたはずなので、その風景はさぞかし美しかったことでしょう。

このような街並みは、宿場町だった街道沿いによく見られる光景ですね。

Kimg1326

Kimg1327

白漆喰が美しい蔵造りの家も健在です。

Kimg1330

その一方で、最近なかなかお目にかかれないコイン精米機やお米の自動販売機もここ青梅にはあります。

Kimg1331

こういう趣きのある焼肉屋さんも。赤いトタンの片流れ屋根の勾配と建物のプロポーションがいい。

Kimg1333

こちらの建物、最近改修工事が行なわれたようで、格子が細かい建具と戸袋が見事な住宅です。

住まい手がこの建物を代々大切に維持管理をして住み続けている様子が見受けられます。

このような歴史を感じさせる重厚な木造建築のほかにも、青梅街道沿いにはレトロな看板建築も数多くあります。

Kimg1343

数軒の看板建築が並んでいる場所も最近ではなかなか見掛けなくなりましたが、この写真は青梅街道と旧青梅街道が分かれる交差点で、それぞれの建物が個性があって頑張ってます。

私はここから旧青梅街道へ進み、JR青梅駅方面へ。

しばらく歩くと往きにチェックしていた素敵な看板建築に再会。

Kimg1276

この建物、元々はなんと玩具屋さんだったらしい。

意匠がとても興味深く、洋風なファサードと二階の和風な木製建具が調和が取れています。

現在は、リノベートされてゲストハウスとカフェになっており、前に止まっているバイクがいい画になっています。

このまま旧青梅街道を進んでも駅前に出るので、少し脇道に入って建築散策を。

ありました、素晴らしい建物が。

Kimg1347

この立派な風格のある佇まい、質屋さんでした。

Kimg1349

こちらの建物も歴史を感じさせる外観。以前はご商売をされていたようです。

このあと、まだまだたくさんの素晴らしい建築と出逢いましたが、続きは次回へ。

 

 

2019年8月28日 (水)

青梅で建築散策(其の壱)

先日、青梅で建築散策をしてきました。

以前から訪れたいと思っていたのですが、この日ようやく行くことが出来ました。

自宅から自転車でJR吉祥寺駅まで行き、中央線の青梅快速に乗って乗り換えなしで青梅駅まで。

立川から青梅線に入ると、ドアの開閉はドアの横にあるボタンを押して行うので、ちょっと遠出をした気分になりました。

吉祥寺からおよそ1時間で終点青梅駅に到着。

終点なのにボタンを押さないとドアが開かず、ちょっとびっくり。

Kimg1274

青梅駅の駅舎はレトロっぽい外観で、駅名の看板文字もレトロっぽいフォント。

ここから散策スタート。

まずは旧青梅街道へ出て西へ進み、最初の目的地「旧稲葉家住宅」へ。

向かう途中、旧青梅街道と青梅街道沿いには宿場町だったことを思いおこさせる建物がいくつもありました。

Kimg1283

Kimg1353

歴史を感じさせる重厚な建物で、屋根瓦や建具、庇、軒、雨樋などすべてが風格と品があります。

Kimg1286

青梅街道から少し脇道に入ると、住宅地にもこんな蔵も。

Kimg1282

昔の郵便ポストも健在で、この街では全く違和感がなく、むしろ溶け込んでいます。

Kimg1290

元は蔵であったような趣の店舗兼住宅も。

Kimg1323

見るからに歴史のありそうな佇まいのお米屋さんがありました。

東京でこういう建物を維持して使い、お店が代々続いていることに感動しました。

しばらく青梅街道を歩くと、最初の目的地「旧稲葉家住宅」に着きました。

Kimg1313

こちらの建物もお米屋さんと同様、間口が広い立派な佇まいです。

江戸時代から有数の豪商だった家で、蔵造りの二階建て母屋と土蔵からなる東京都指定有形民俗文化財となっており、現在は一般公開されています。

Kimg1306

太い大黒柱と梁、組子細工と一枚板の建具がまず目に留まりました。

Kimg1299

ガラスも当時のままで、少し歪んでます。

Kimg1305

二階へ上がる階段部分には天井面に引戸があり、閉められるような仕組みになっています。

Kimg1310

北側にある土蔵は、漆喰の塗り替え工事が行なわれていて真っ白に光ってました。

三階建ての蔵は珍しいです。

Kimg1293

じっくり堪能したあとは、再び青梅街道を東へ戻ってぶらぶらと建築散策を。

この続きは、次回。

 

 

 

 

 

2019年8月 5日 (月)

大好きなバームクーヘン

先日、所用で久しぶりに東急東横線の学芸大学駅で降りた。

この駅に来ると、大好きなあの洋菓子を思い出す。

それは、駅前にある老舗洋菓子店「マッターホーン」のバームクーヘン。

Kimg1204

以前、戴き物ではじめて食べて、その美味しさに感動して何度か買いに行っていたが、お店の看板商品ということもあって、ここ最近なかなか買うことが出来なかった。

なので、この日は駅に降りて真っ先にお店へ向かった。

猛暑の正午すぎでしたが、お客さんで一杯。

買えるかちょっと心配だったが、無事に今回は買えて良かった。

ここのお店の包装イラストは画家の鈴木信太郎さんによるもので、西荻窪にある洋菓子店とレストラン「こけし屋」のイラストも描いている。

この日の夕食後に家族で頂きましたが、「ここのバームクーヘンは、やっぱり美味しい」と皆が口を揃えて言っていた。

 

2019年7月12日 (金)

京町家条例と京町家の定義

先日、京都に住む叔父から送られてきた京町家に関する資料の中に、京都市が発行している<京町家を未来へ>というタイトルの京町家条例のあらましをまとめた冊子がありました。

Kimg1046

その冊子によると、近年町家が老朽化のため取り壊されるケースが増えている一方で、京町家が見直されて居住や店舗としての需要が高まっているようです。
ただし、ひとくちに「京町家」と言っても間口が狭く奥行きがある古い家がすべて京町家というわけではありません。

この冊子によると、京都市が制定する京町家条例における「京町家」の定義というものがきちんと掲げられていて、必須条件としては

・昭和25年以前に建築されていること
・木造建築物であること
・「伝統軸組構法」や「伝統構法」と呼ばれる伝統的な構造であること
・3階建て以下であること
・一戸建てあるいは長屋建てであること
・平入りの屋根であること
があります。

上記のなかで特徴的な条件としては、最後の平入りの屋根でしょう。
ちなみに「平入りの屋根」とは、建物の出入口が屋根の棟と並行する側にあるもののことを言います。

これらの必須条件とさらに下記のいずれか1つ以上を有する建築物が「京町家」と呼ばれるそうです。

・通り庭(道に面した出入口から続く細長い形状の土間)
・火袋(通り庭上部の吹き抜け部分)
・坪庭または奥庭
・通り庇(道に沿って設けられた軒)
・格子(伝統的な虫籠窓や京格子など)
・隣地に接する外壁または高塀

私自身、何度も京都を訪れて京町家を見てきましたが、京町家という建物がこのような定義付けをされていたとは知りませんでした。

Kyotomachiya

 

2019年7月 9日 (火)

京町家保全のための木製雨戸

京都に住む叔父から京町家に関する新聞記事や冊子が送られてきました。

その中に、興味深い新聞記事が。

京町家の意匠と耐火性の両面を兼ね備えた延焼防止機能のある木製雨戸が開発されたらしく、京都市独自の基準で、京町家の木製窓枠を残すことが可能になったという内容でした。

やはり、京町家にアルミサッシは似つかわしくないし、シャッター式雨戸は、もっと似合わない。

こういう雨戸は京都だけでなく、日本全国で使えるように法改正してほしいものです。

Kimg1039

2019年5月15日 (水)

五月の石神井公園の花と緑

この前の日曜日、久しぶりに地元の都立石神井公園を散歩しました。

まずは三宝寺池の周りを。

Kimg0632

新緑が綺麗で、紫色が美しいカキツバタも咲いていました。

Kimg0637 

Kimg0633_1

あの立派なメタセコイヤの大樹も健在です。

Kimg0677

なんという名前の木だったか、ど忘れしましたが、可愛い花が咲いていました。

Kimg0675

道路を渡って石神井池のほうへ行き、公園に隣接する区立池渕史跡公園にある旧内田家住宅へ。

Kimg0641

茅葺屋根の立派な古民家が移築されています。

Kimg0643

ここの縁側でボーっとするのが、好きなんです。

チコちゃんに叱られちゃうかも。

池渕史跡公園を抜けて、久しぶりに野草観察園へ。

春のこの時期、様々な種類の花を見ることが出来ます。

Kimg0647

Kimg0650

Kimg0645

Kimg0653

Kimg0654

また、この近くの道路沿いにも綺麗な花を見つけることが出来ます。

Kimg0658

Kimg0660

野草観察園から石神井公園の野球場とテニスコートがあるエリアへ。

なんと、ここにブルーが美しいネモフィラが咲いてました。

Kimg0669

さらにこんな花も。

Kimg0662

Kimg0666 

Kimg0663_1

Kimg0664

Kimg0665

Kimg0673 

普段、よくテニスをするためここのコートへ来ますが、こんなにたくさんの草花があったなんて気付きませんでした。

野球場の周りを歩いて、再び石神井池のほうへ行き、太鼓橋を渡りました。

Kimg0674

この橋は、石神井池のシンボル的存在で、以前はよく2時間サスペンスや連続ドラマなどの撮影でよく登場しました。

再び道路を渡り、石神井公園三宝寺池方面へ。

都立石神井公園に隣接した区立松の風文化公園へ行くと、GWが終わって最初の日曜日ということもあって、大勢の家族連れが来ていました。

公園内に植えられているイロハモミジの青葉も太陽の光に照らされて、綺麗でした。

Kimg0679

 

 

 

 

2019年5月 8日 (水)

松戸の戸定邸を見学

長いゴールデンウィーク中、千葉県松戸市にある「戸定邸」を見学してきました。

Kimg0601

戸定邸は、徳川十五代将軍慶喜の弟、水戸藩主徳川昭武が住んでいた私邸、唯一公開されている徳川家の住まいで、現在は松戸市戸定歴史館として一般公開しています。

場所は、JR常磐線の松戸駅東口から歩いて10分程度、坂道を登った見晴らしの良い高台にあります。

Kimg0519

さすが徳川家の住まいだけあって、広い敷地に部屋数の多いほぼ平屋建てと立派な庭があります。

しかし、住まい内部の意匠は、数奇屋造りではなく書院造り様式で、木材も主に杉が使われています。

Kimg0529

玄関を入るとすぐ中庭が目に飛び込んできて、中庭を囲むように畳の間が配置されています。

さらに奥へ進むと、襖で仕切られた続きの間や渡り廊下があったりと、建物の広さが実感出来ます。

Kimg0553

Kimg0575

また、畳の間で一見すると収納のように見える襖戸を開けると奥に地窓がある変わった空間もあります。

Kimg0521

もちろん内倉もあり、中に葵の御紋が入った立派な黒漆塗りの収蔵箱が見えます。

Kimg0530

透かし彫りの欄間や照明器具も凝った意匠です。

Kimg0565

Kimg0550

奥の座敷には丸窓があり、庭の風景を切り取るようになっています。

Kimg0557

浴室や洗面所も興味深いしつらえとなっています。

Kimg0573 

Kimg0541 

座敷から見る庭の新緑もいいです。

Kimg0549

Kimg0545

Kimg0582

訪れた日が「こどもの日」の前々日だったので、床の間に立派な兜が飾られていました。

Kimg0547

見どころ満載の「戸定邸」は、以前から行きたいと思っていた場所だったので、このゴールデンウィークに実現出来て良かったです。

Kimg0591

より以前の記事一覧