無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


リフォーム・リノベーション

2020年3月31日 (火)

リフォームに設計事務所は必要ですか?

私どもの設計事務所もリフォーム(リノベーション)の設計監理を行う機会が増えていますが、ひとくちにリフォームと言っても工事の規模や金額に幅があります。 

そのため、リフォームに私どものような設計事務所の建築士が必要か否かの判断は、難しいことかも知れません。 

例えば、工事の規模が小さく、壁や天井のクロス張替えやトイレの便器、浴室のユニットバスやシステムキッチンなどの設備機器の交換といった、業種が多岐に渡らないいわゆる「模様替え」程度ならば、特に設計事務所の建築士は必要ではないでしょう。工務店や建設会社の担当者と打合せやショールーム見学を行うことで十分です。 

つまり、設計事務所の建築士が必要なケースとは、建築士が設計・デザインを行い、それに伴う図面を作成して、工事中も現場へ出向いて工事を請け負っている工務店、建設会社の現場監督や建て主さんと打合せをしたり工事監理をするレベルの工事内容の場合です。 

建築士のいる設計事務所がリフォーム(リノベーション)に携わる場合、設計監理料が工事費とは別途かかり、その金額は新築工事の設計監理料の場合よりも料率は若干高くなることが多いです。 

リフォーム(リノベーション)を考えている建て主さんが、外装や内装の改修でこだわりのある部分の要望・希望をお持ちで、柱や梁、屋根といった構造が関係したり、水廻り設備機器の位置など大幅なプラン変更が想定される(工事期間と工事費がある程度かかる規模)の工事の場合には、別途設計監理料がかかってしまいますが建築士に入ってもらったほうが良いのではないでしょうか? 

K01

K02

ちなみに写真は、私どもの設計事務所で設計監理をしたリフォーム住宅で、工事の規模はそれほど大きくなく、キッチンとパントリーが中心でしたが、建て主さんのこだわりでオールステンレスのオーダーメイドキッチンと特徴的なタイルを希望されていたため、キッチン製作会社の方も交えて何度も打合せを重ね、タイルの貼り方も色々と検討し、工事を請け負う建設会社も私どもでご紹介させていただきました。

K03

K04

 

2020年3月10日 (火)

多治見のモザイクタイルミュージアムへ

先月、出張で愛知県春日井市へ行った際に、せっかくだったので翌日に愛知のお隣、岐阜県多治見市にあるモザイクタイルミュージアムを訪れてきました。

Kimg2772

以前から行きたいと思っていた場所だったので、今回来ることが出来て良かったです。

最寄駅であるJR多治見駅へは、JR春日井駅からJR中央線で乗り換え無しで20分ほど、JR名古屋駅へ行くよりも近くて少し驚きました。

しかし、多治見駅からはバスで約20分、本数が少ないので事前にチェックしておいて正解でした。

バス停を降りると、目の前がミュージアム。

小高いところからすり鉢状になったアプローチを下ると、かわいい入り口が。

Kimg2722 

建物の中へ入り、順路にしたがって最上階へ。

この長い階段の先にある光に誘われていくような不思議な空間。

Kimg2767

階段の手摺にもモザイクタイルが使われています。

Kimg2724

最上階は、見事なモザイクタイルの世界が待っていました。

Kimg2755 

Kimg2758

Kimg2745

床、壁、天井と見渡す限り、すべてモザイクタイル。

そしてこの最上階は、実は屋外。

丸くくり抜かれた部分は吹き抜けで、雨が降れば内部に吹き込む。

Kimg2764

Kimg2765

くもの巣のように張り巡らされたステンレスワイヤーにもモザイクタイル。

Kimg2761

元々、多治見は陶器の街として有名ですが、このミュージアムがある笠原地区はタイルの製造が盛んで、様々なモザイクタイルが今も生産されています。

そして珍しいことに、このミュージアムにはモザイクタイルのショールームがあり、気に入ったモザイクタイルがあれば購入出来ます。

私自身、存じ上げるタイルメーカーももちろんありましたが、存じ上げないメーカーもいくつかあり、スタッフの方とも色々とモザイクタイルについて話すことが出来ました。

ミュージアムショップと体験工房があり、モザイクタイルの世界を堪能できる素晴らしいミュージアムでした。

Kimg2769

 

2020年3月 6日 (金)

設計契約前にプランニング?

私どもの事務所では、原則的に「設計監理業務委託契約」を結んだ後に設計業務に入ります。

したがって、契約前の設計料は原則発生ません。正確にいうと存在しません。

事務所への問い合わせや無料相談にお見えになる方の中には、契約前にラフで構わないのでプランニングを懇願され、そのプランを見て判断したいという方が少なからずいらっしゃいますが、私どもの事務所では、ラフなプランであっても設計契約前に設計をおこなうことはありません。

その理由は、プランニング作成そのものが私ども建築設計事務所の業務の大事な一部分であり、デザインすることに他ならないからです。

また、短時間で練られたプランは、密度の薄いプランでしかなく、あまり意味がないと考えるからです。

しかし、定期的におこなう無料相談会でどうしてもプランニング作成を希望される方がいらっしゃるため、私どもの事務所では最近トライアルプランニングというシステムを設けるようにしました。

ただし、この制度は実際に設計作業を伴うので、トライアルプランニング作成費用として恐れ入りますが10万円を支払っていただくことにさせていただいてます。

お客様と直接お会いしてヒアリングをおこない、現地調査および役所調査ののち、2~3週間お時間をいただきましてプランニングをします。

この一連の作業は、通常の設計契約後におこなう企画設計・基本設計と変わりませんし、設計に入る前に必ず建て主さまに、私どもがオリジナルで作成しました「住まいづくりのカルテ」という冊子を事前にお渡しして、希望する住まいについて記入していただきます。

Kimg1849

そして、お客様へ直接プラン提示し、説明をおこなった後プランを気に入ってくださり、私どもの事務所と設計監理業務委託契約を結ぶ場合には、お支払い頂いた金額10万円は設計監理料に充当するかたちになります。

ただ、このトライアルプランは上記で書いたとおり短期間で練られたため、設計契約後の正式な基本設計ではこのトライアルプランを元に、再度練り直すことが多いです。

もちろん、模型も製作します。

Kimg6057

 

2020年2月28日 (金)

雨樋も塩化ビニル製からガルバリウム鋼板製へ

ガルバリウム鋼板は、耐久性があり加工しやすい優れた建材なので、屋根材をはじめ外壁材、水切り、笠木などあらゆる部位で使われていますが、実は他の部位でも私の事務所ではこのガルバリウム鋼板をよく採用しています。

その部位とは、「雨樋」です。

雨樋メーカーの「タニタハウジングウェア」から出ている雨樋がガルバリウム製で、製品自体も形状をはじめディテールまでよく出来ていて色も多種にわたっており、私の事務所で設計監理をする住宅の雨樋は、現在すべてガルバリウム鋼板製です。

雨樋とは、屋根に落ちた雨水を軒先に取り付けられた軒樋で受け、そこに集まった雨水を外壁に沿って取り付けられた竪樋で下へ流し落とす役割りを持っています。

住宅地を歩いていると、それらの住宅に取り付けられている雨樋のほとんどが塩化ビニル製(以下、塩ビ製)で、私の事務所でも10年ほど前までは、同じように塩化ビニル製を使っていました。

しかし、塩ビ製の雨樋は耐久性が長くなく、一年にわずかしか降らない雪の重みで破損したり、紫外線による劣化もあって外部周りで最も早くメンテナンス時期が来る部位でした。

しかも、塩ビ製の雨樋は質感があまりよくなく色も限られているため、外壁や屋根との調和が取れず浮いた感じになって目立ってしまうケースが多かった。

その一方、ガルバリウム鋼板製は耐久性があり、色と質感も良く、屋根材と外壁材が同じガルバリウム鋼板製だと雨樋が目立たず黒子に徹してくれるし、外壁が他の建材でも違和感がありません。

Ohouse01_20200228113101

一昨年前に外壁の塗装改修工事を行った築年数が15年経った住宅でも、雨樋を塩ビ製からガルバリウム鋼板製へ取替えました。

もちろん、ガルバリウム鋼板製の雨樋は塩ビ製の雨樋よりも高価ですが、耐久性など総合的に判断するとガルバリウム鋼板製の雨樋が優れていると思います。

P1330826

 

2020年2月14日 (金)

ガルバリウム鋼板とトタンの違い

ガルバリウム鋼板は、建築の屋根材をはじめ外壁材など板金工事でよく使われる建材で、私も住宅の設計で屋根、外壁、水切り、笠木などで頻繁に使います。

Khouse002

狭小地に建つ木造三階建て住宅

住宅設計において建て主さんとまずはじめのヒアリングでは、参考のために外壁材の好みを伺うことが多いのですが、建て主さんの中にはガルバリウム鋼板をトタンと同じような素材と質感と思っている方もいて、屋根材は受け入れてくださっても、外壁材としてはどうしてもチープで冷たいイメージを持たれてNGというケースもあります。

質感と冷たいイメージは変わらないかもしれませんが、ガルバリウム鋼板とトタンの違いを認識してもらえれば、今まで持っていたイメージが少し変わると思います。

Myhouse01

中庭を挟んだ二世帯住宅

まず、トタンは正式には亜鉛メッキ鋼板と言い、薄い鉄板を亜鉛でメッキ加工したもので、今でも古い建物の外壁や屋根で見かけます。

一方、それに対してガルバリウム鋼板はアルミニウム亜鉛合金めっき鋼板という名称で、メッキの成分は、アルミニウムと亜鉛と少量のシリコンからなります。

耐久性を持つアルミニウムが加わることで、トタンと比べて長期間に渡って鋼板を錆から守ることが出来る建材です。
また、ガルバリウム鋼板はカラーが豊富で、意匠的にも優れています。

Ihouse03_20200214181001

旗竿地のコートハウス

 

2020年1月 6日 (月)

設計事務所開設20年の節目

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2020年は東京オリンピック・パラリンピックの年です。

私どもの設計事務所も開設20年という節目の年でもあります。

ここまでやって来られたのも、多くの方々のお蔭です。

改めて、御礼を申し上げます。

どうもありがとうございます。

これからもコツコツゆっくりと建築の設計監理をおこなってまいります。

 

一級建築士事務所 三浦尚人建築設計工房

2020

2019年12月12日 (木)

深い軒のメリットは?

深い軒のメリットは、大きく分けて二つあると考えます。

ひとつは、夏の時期における強い日差しが屋内に入るのを遮るというメリットです。

いくら日当たりがいい家でも、夏の強い紫外線が屋内に入ると、床のフローリングも色褪せて痛みやすく、家具等のインテリアにとっても良いことはありません。

夏は太陽高度が高いため、ある程度の長さ軒を出せば屋内への日差しは防ぐことが出来ます。

しかし、直射日光が入る方向に強い日差しを遮る樹木や建物が無いと、太陽の強い日差しは屋内に入り込んでしまいます。

そのような点から、深い軒の出があることで夏場の強い日差しの進入を防ぐことが出来ます。

Ihouse01

深い軒のもうひとつのメリットは、外壁材を保護するという点が挙げられます。

外壁材がガルバリウム鋼板やセメント系サイディングといった乾式工法の場合は、耐久性があるのでそれほど軒を出す必要性はありませんが、外壁材がいわゆる湿式工法のモルタル下地の吹き付け仕上げや左官仕上げや乾式工法の中でも杉板などの木製板材を貼った建物では、乾式工法による外壁よりも耐久性がなく、定期的にメンテナンス(補修)を行わないといけないので、外壁を直射日光や雨などから守るために深く軒を出すことが有効な手段なのです。

また他に意匠的にも深い軒がいい点もあります。
それは、建物全体に深い軒により陰影を付けたり、建物の水平性を強調したりする効果もあります。

以前、私が設計した写真にある「中庭のある平屋住宅」でも真っ直ぐな深い軒を出して水平性を強調しつつ、軒の下に設けた欄間のような横長のスリット窓からは、夜に屋内の光が漏れて、それがシルバー色に塗装された軒天に反射して光が柔らかく行灯のように表現したくデザインしました。

Ihouse15

2019年12月 6日 (金)

土間空間の活用術

土間空間とは、昔は床仕上げをせず、地面の土をそのまま露出して三和土にする空間を意味し、京町家をはじめ地方の古民家などでよく見かけられました。

ただ最近では、三和土ではなくコンクリート金ごて仕上げ、石貼りやタイル貼り、玉砂利の洗い出しなどといった仕上げの土間空間がよく見られますし、私の設計事務所でもそれらをよく採用しています。

9

写真にある土間もタイル貼りの玄関土間となっていて、玄関によくある上り框(靴を脱ぐ段差)をあえて設けませんでした。

この住宅は地方都市にあり、ご近所付き合いの多い建て主様で、来客が頻繁にいらっしゃるのですが、この広い玄関土間は靴のままで良いので、このスペースにテーブルと椅子を配置してちょっとしたサロンのような感じをイメージして設計しました。

そして玄関の左側には、玄関土間と同じタイルが貼られた広い中庭があるので、来客とのお喋りも中庭を見ながら楽しめるように演出をしました。

そのほかにも玄関土間がある住宅では、建て主の趣味である自転車を室内である土間空間に置くことにより、大切な自転車を風雨や盗難から守ると同時に、室内でのメンテナンスが可能になったりと便利な空間です。

また赤ちゃんのいらっしゃるお宅ではベビーカーを、ご高齢の方がいらっしゃるお宅では手押し車等のスペースとしても有効活用出来る空間となります。

8

2019年11月27日 (水)

南側道路の土地のプライバシー対策

不動産のチラシ広告でよく見かける「日当たり抜群の南側道路の土地」という謳い文句。 

確かに文字通り南側に道路があり、少なくとも道路幅(幅員)だけ隣家と離れているので、日当たりの良い家が建てられます。 

しかし、南側道路の家では、日当たりのことだけでなく同時にプライバシー対策も考慮しないといけません。 

何故かというと、日当たりの良い内部空間にするには、日の光を取り込むための大きな開口部(窓)が必要ですが、道路に面する南側に大きな開口部を設けると道路から内部が覗かれてしまう恐れがあるからです。 

住宅地を歩いている時によく見かける光景として、せっかく日当たりの良い南側道路の土地に建っている家なのに、道路から家の様子が丸見えになることを気にして昼間にもかかわらず大きな窓にカーテンが閉め切っている場面があります。 
日当たり良くするための大きな窓を設けたのに、光を遮るカーテンで一日中閉めてしまっては台無しです。 

したがって、南側道路の土地に建てる家では、プライバシー対策がたいへん重要になります。 

そのプライバシー対策には、大きく分けて二つ方法があります。 

ひとつは、室内の様子が道路から見えないように、道路境界線上に植栽による垣根や目隠しフェンス、塀等を設置するといった外部廻り(外構)で行う方法です。 
ただし、これらは単体で考えるのではなく、住宅(建物)と調和の取れた統一したデザインにすることで違和感なく街並みにも溶け込みます。

Nhouse23  

もうひとつは、南側道路に面した大きな開口部の手前に目隠し用の格子(ルーバー)や壁で囲われた屋外テラス(ベランダ、バルコニー)を設けたり、開口部ガラスを透明ではなく擦りガラスにしたり、あえて道路側に大きな開口部を設けず縦長や横長の窓を道路側からの視線と高さをずらした位置に配置するなど家本体で行う方法です。

Oota03

Khouse09_20191126163801  

しかし、最も効果的なプライバシー対策は、上記の二つの方法を合わせて行うことです。

2019年7月25日 (木)

狭小住宅の収納

いわゆる狭小住宅と呼ばれる住宅では、限られたスペースを有効活用して出来るだけ無駄なスペースを作らない工夫が必要となってきます。

建て主さんからも「収納を充実してほしい」とご要望が多いので、基本設計の段階でこのことを念頭においてプランニング(間取り)を検討し反映させていきます。

さらに収納に関しては、納戸やロフト(屋根裏収納)といった一室空間と造り付け収納(家具)といった小さなスペースとに分けられ、建て主さんのご要望や設計サイドからの提案、ご予算等を考慮してプランニングをしますが、このようなことは狭小住宅に限ったことではなく、どのような住宅でも同じです。

Nanndo

Wic01

狭小住宅の場合は、使い方をひとつに限らず兼用可能な収納スペースをつくることが、有効な手段と言えるでしょう。

例えば、玄関の下足収納と納戸を兼ねたり、クローゼットと納戸を一緒にしたり、ロフトを収納スペースとフリースペースとを兼ねたりすることです。

また、階段下のスペースや床の高さが違う小上がり下のスペース等も有効な収納スペースです。

Khouse14b

さらに、狭小住宅では構造壁ではない内壁は出来るだけ設けずに収納家具で間仕切ったり、収納家具を外側にはみ出させたプラン(間取り)により、内部空間に凹凸が無くなりスッキリとした空間が可能になります。

Khouse09b

収納スペースも収納するものによって必要な奥行きや幅、高さが異なるので、設計を進める前にどこに何を収納したいかをあらかじめ想定してご要望を設計サイドへ伝えておくことも重要ではないでしょうか?