無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


ウェブページ

« 位置指定道路のトラブルについて | トップページ | 間口の狭い家 »

2020年7月16日 (木)

軒の深い家の日当たりについて

まず、深い軒とはどのくらいの長さのことを言うと思いますか?
おそらく90センチ(3尺)程度以上のことを軒が深いと感じるでしょう。

軒の深い家の日当たりで最も対照的なのが、南面の夏至と冬至です。
日本には四季があり、春夏秋冬で太陽の高さ(太陽高度)が大きく異なります。
(ただし、春分の日と秋分の日は、同じように真東から太陽が昇り、真西に沈みます。)

夏の時期は太陽の位置(南中高度)が高く、強い日差しが照りつけて紫外線も強いです。
いくら日当たりがいい家と言っても、夏の日中に南面から陽射しの強い直射日光が屋内に射し込むと、床のフローリングや畳をはじめ、家具や絨毯等のインテリアも色褪せて痛みやすく、良いことはありません。

ちなみに夏の京都を訪れると、古い町家の軒先に簾(すだれ)が吊るされている光景をよく目にしますが、これも特に暑い夏の京都における直射日光を遮るための先人たちの知恵です。

しかし、あまり軒を深くしすぎると、太陽高度が低くなる冬の季節になっても軒が太陽の光を遮ってしまい、屋内まで届かなくなってしまいます

したがって、軒の深さは太陽の光を必要とする冬の時期を念頭に入れて適切な寸法にするのが良いでしょう。

Ihouse01_20200716153401

Ihouse18

« 位置指定道路のトラブルについて | トップページ | 間口の狭い家 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

住まいづくりのヒント」カテゴリの記事

リフォーム・リノベーション」カテゴリの記事