無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 多治見のモザイクタイルミュージアムへ | トップページ | 旗竿地の玄関アプローチ »

2020年3月18日 (水)

多治見のセラミックパークMINOへ

宿泊出張で愛知県春日井へ行った翌日、JR中央線に乗ってお隣の岐阜県多治見へ行ってきました。

目的は、二つの建築を見学するため。

ひとつは、前回のブログで書いた建築家、藤森照信さん設計の「モザイクタイルミュージアム」。

もうひとつは、建築家、磯崎新さん設計の「セラミックパークMINO」。

どちらもJR多治見駅からバスに乗って行くことが出来ますが、本数が少ないのでご注意を。

セラミックパークへは、小さなコミュニティバスでご年配の運転手さんとお喋りをしながら20分ほど。

Kimg2778

バスを降りて、この長~いブリッジを渡って行きます。

Kimg2823

山の谷間という地形の特徴を生かしたこの複合施設は、想像以上に広かった。

Kimg2782

起伏のある高低差に人工的な滝(カスケード)、水盤、階段、スロープが。

Kimg2829

スケールの大きさに少々戸惑うほどでした。

と同時に、工事の大変さが容易に想像出来ました。

Kimg2827

施設内にはレストランがあり、リーズナブルな日替わりランチをいただきました。(ビールも飲んじゃいました。)

Kimg2795

また、この施設内にある茶室をどうしても見学したかったので入り口まで行ったのですが、鍵がかかっていて。

Kimg2803

ダメ元で施設スタッフの方にお願いしたら、お仕事中だったにもかかわらず快く案内していただきました。

この茶室のことは、次回のブログで。

« 多治見のモザイクタイルミュージアムへ | トップページ | 旗竿地の玄関アプローチ »