無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2019年11月 | トップページ

2019年12月

2019年12月 6日 (金)

土間空間の活用術

土間空間とは、昔は床仕上げをせず、地面の土をそのまま露出して三和土にする空間を意味し、京町家をはじめ地方の古民家などでよく見かけられました。

ただ最近では、三和土ではなくコンクリート金ごて仕上げ、石貼りやタイル貼り、玉砂利の洗い出しなどといった仕上げの土間空間がよく見られますし、私の設計事務所でもそれらをよく採用しています。

9

写真にある土間もタイル貼りの玄関土間となっていて、玄関によくある上り框(靴を脱ぐ段差)をあえて設けませんでした。

この住宅は地方都市にあり、ご近所付き合いの多い建て主様で、来客が頻繁にいらっしゃるのですが、この広い玄関土間は靴のままで良いので、このスペースにテーブルと椅子を配置してちょっとしたサロンのような感じをイメージして設計しました。

そして玄関の左側には、玄関土間と同じタイルが貼られた広い中庭があるので、来客とのお喋りも中庭を見ながら楽しめるように演出をしました。

そのほかにも玄関土間がある住宅では、建て主の趣味である自転車を室内である土間空間に置くことにより、大切な自転車を風雨や盗難から守ると同時に、室内でのメンテナンスが可能になったりと便利な空間です。

また赤ちゃんのいらっしゃるお宅ではベビーカーを、ご高齢の方がいらっしゃるお宅では手押し車や車椅子のスペースとしても有効活用出来る空間となります。

8

2019年12月 3日 (火)

銀座シックスの能楽堂

先日、友人からお誘いを受けて、銀座シックスにある能楽堂へ行ってきました。

久しぶりに昼間の銀座を訪れましたが、新しいビルが出来ていたり、外国人観光客が多かったりと驚くばかり。

実は、銀座シックスに来たのも今回がはじめて。

Kimg1977

この商業ビルに能楽堂

しかも地下3階に?

不思議な気持ちでエスカレーターで地下3階へ。

ありました能楽堂が。しかも立派な能舞台と客席。

Kimg1980

絶妙に納まり、屋根は檜皮葺になっていました。

Kimg1985

間近で見ると、より一層舞台の精密さと迫力が感じられます。

Kimg1988

と同時に、疑問が湧いてきました。

これらの木材を一体どのように地下3階まで運んだのだろう?

搬入方法がとても気になりました。

Kimg1991

それはともかく、なかなか観ることが出来ない空間だったので、とても貴重な体験でした。

« 2019年11月 | トップページ