無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


ウェブページ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月23日 (月)

室外機の設置場所

住宅を設計していく上で、エアコン室外機や給湯器などの設置場所も念頭においておかなければならない重要な部分です。

最近はオール電化住宅やエコキュート住宅なども増えてきていて、それらの室外機サイズも大きく設置場所も基本設計の段階で十分検討しておかなければなりません。

通常の住宅地の場合、道路側を除く三方は隣家が接近していて道路面からは見られにくいので、だいたいそれら三方に室外機を設置するケースが多いですが、近年では音の問題もクローズアップされているので、この点も十分考慮しなくてはいけなくなってきています。

屋上やベランダ、バルコニーに置いたり、建物本体の一部に室外機用のスペースをあらかじめ確保したプランにするケースもありますが、いずれにしてもこれら室外機を道路から見えにくい位置に設置することが設計する上で大事なことです。

しかし、住宅街を歩いているとエアコン室外機が道路側に無神経に堂々と置かれているのをよく見かけます。

こう言ってはなんですが、大体そういう家は建売住宅かあるいは大手ハウスメーカーの住宅によく見られるような気がします。

道路側にエアコン室外機が置かれているということは、すなわち室内のエアコン本体から室外機につながっているダクトも丸見えとなって、なんともみっともない気がしてしまいます。

せっかくの家がこれでは台無しです。
こういったところにも気を配りつつ住宅の設計というものはしなければいけないと私は考えます。

Ohouse01

2019年12月18日 (水)

長命寺のイチョウ

仕事場の近くにある長命寺というお寺の境内には、立派なイチョウの木があります。

場所でいうと、西武池袋線の練馬高野台駅から歩いて数分、順天堂練馬病院の裏手。

毎年、石神井公園の紅葉はもちろん楽しみですが、ここのイチョウも私にとっては楽しみなんです。

黄色く色づいていく様子を定期的に見に来ているのですが、今年は例年と比べて遅かった気がします。

そして先週の昼休みに行ってみたら、なんと既に地面が黄色い絨毯になっていました。

Kimg2153

Kimg2156

少し来るのが遅かったですが、まだ木には葉がたくさん残っていて、太陽の光に照らされて綺麗でした。

それと一面に落ちている黄色い葉も見事でした。

Kimg2158

お堂の屋根に積もった葉も素敵でした。

Kimg2170

Kimg2157

ちょうどこの日はいい天気で、空も真っ青。

雲ひとつ無い青い空に黄色いイチョウの葉がとても映えていました。

Kimg2155

2019年12月12日 (木)

深い軒のメリットは?

深い軒のメリットは、大きく分けて二つあると考えます。

ひとつは、夏の時期における強い日差しが屋内に入るのを遮るというメリットです。

いくら日当たりがいい家でも、夏の強い紫外線が屋内に入ると、床のフローリングも色褪せて痛みやすく、家具等のインテリアにとっても良いことはありません。

夏は太陽高度が高いため、ある程度の長さ軒を出せば屋内への日差しは防ぐことが出来ます。

しかし、直射日光が入る方向に強い日差しを遮る樹木や建物が無いと、太陽の強い日差しは屋内に入り込んでしまいます。

そのような点から、深い軒の出があることで夏場の強い日差しの進入を防ぐことが出来ます。

Ihouse01

深い軒のもうひとつのメリットは、外壁材を保護するという点が挙げられます。

外壁材がガルバリウム鋼板やセメント系サイディングといった乾式工法の場合は、耐久性があるのでそれほど軒を出す必要性はありませんが、外壁材がいわゆる湿式工法のモルタル下地の吹き付け仕上げや左官仕上げや乾式工法の中でも杉板などの木製板材を貼った建物では、乾式工法による外壁よりも耐久性がなく、定期的にメンテナンス(補修)を行わないといけないので、外壁を直射日光や雨などから守るために深く軒を出すことが有効な手段なのです。

また他に意匠的にも深い軒がいい点もあります。
それは、建物全体に深い軒により陰影を付けたり、建物の水平性を強調したりする効果もあります。

以前、私が設計した写真にある「中庭のある平屋住宅」でも真っ直ぐな深い軒を出して水平性を強調しつつ、軒の下に設けた欄間のような横長のスリット窓からは、夜に屋内の光が漏れて、それがシルバー色に塗装された軒天に反射して光が柔らかく行灯のように表現したくデザインしました。

Ihouse15

2019年12月 6日 (金)

土間空間の活用術

土間空間とは、昔は床仕上げをせず、地面の土をそのまま露出して三和土にする空間を意味し、京町家をはじめ地方の古民家などでよく見かけられました。

ただ最近では、三和土ではなくコンクリート金ごて仕上げ、石貼りやタイル貼り、玉砂利の洗い出しなどといった仕上げの土間空間がよく見られますし、私の設計事務所でもそれらをよく採用しています。

9

写真にある土間もタイル貼りの玄関土間となっていて、玄関によくある上り框(靴を脱ぐ段差)をあえて設けませんでした。

この住宅は地方都市にあり、ご近所付き合いの多い建て主様で、来客が頻繁にいらっしゃるのですが、この広い玄関土間は靴のままで良いので、このスペースにテーブルと椅子を配置してちょっとしたサロンのような感じをイメージして設計しました。

そして玄関の左側には、玄関土間と同じタイルが貼られた広い中庭があるので、来客とのお喋りも中庭を見ながら楽しめるように演出をしました。

そのほかにも玄関土間がある住宅では、建て主の趣味である自転車を室内である土間空間に置くことにより、大切な自転車を風雨や盗難から守ると同時に、室内でのメンテナンスが可能になったりと便利な空間です。

また赤ちゃんのいらっしゃるお宅ではベビーカーを、ご高齢の方がいらっしゃるお宅では手押し車等のスペースとしても有効活用出来る空間となります。

8

2019年12月 3日 (火)

銀座シックスの能楽堂

先日、友人からお誘いを受けて、銀座シックスにある能楽堂へ行ってきました。

久しぶりに昼間の銀座を訪れましたが、新しいビルが出来ていたり、外国人観光客が多かったりと驚くばかり。

実は、銀座シックスに来たのも今回がはじめて。

Kimg1977

この商業ビルに能楽堂

しかも地下3階に?

不思議な気持ちでエスカレーターで地下3階へ。

ありました能楽堂が。しかも立派な能舞台と客席。

Kimg1980

絶妙に納まり、屋根は檜皮葺になっていました。

Kimg1985

間近で見ると、より一層舞台の精密さと迫力が感じられます。

Kimg1988

と同時に、疑問が湧いてきました。

これらの木材を一体どのように地下3階まで運んだのだろう?

搬入方法がとても気になりました。

Kimg1991

それはともかく、なかなか観ることが出来ない空間だったので、とても貴重な体験でした。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »