無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 秋を感じる | トップページ | 荒川放水路の舟めぐり »

2019年10月 5日 (土)

家族団欒スペースは1階?それとも2階?

一戸建て住宅の場合、家族団らんのスペースであるリビングやダイニングキッチンを1階に配置するのか、それとも2階にするのかはとても大事なことです。

その家族の生活スタイルなども重要な決定要素ではありますが、やはりその住まいが建つ場所の環境によることが大きいと思います。
つまり、その土地がどういう特徴を持っているのかということです。

2階にリビングをはじめとするダイニングキッチンを持ってくるプランとしては、その土地の周囲が建物に囲まれた住宅密集地や狭小地、または傾斜地といったケースが多いのではないでしょうか?

住まいで家族みんなが集う時間が多いスペースがリビングで、そのスペースは特に風通しや日当たり、または眺望などを重視するでしょう。

そうなると、住宅密集地で1階にリビングをはじめとする家族団らんのスペースがあると、窓があっても隣家の外壁が接近していて暗く、窓を開けても風通しが悪いだけです。

その点、2階に家族団らんスペースがあると、日当たりは良く風通しも確保しやすく、眺望も期待出来ます。

また、構造の点から考えてみても、1階に個室を中心としたプライベートスペースが配置されることで、1階が多くの柱と梁による構造壁で構成されるため、2階のリビング、ダイニング、キッチンをゆったりした間仕切り壁の少ない広い空間が実現し、吹き抜け空間も可能となります。
_mg_0009

« 秋を感じる | トップページ | 荒川放水路の舟めぐり »