無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

秋を感じる

だいぶ秋らしい季節になってきました。

毎朝通勤で通る石神井公園界隈もところどころで秋らしい風景を目にします。

Kimg1597

石神井公園の石神井池から見る空。

Kimg1612

野球場のイチョウ並木の足元には彼岸花がようやく咲き出しましたが、例年よりも遅い気がします。

Kimg1608

また、先日の日曜日に石神井公園のお隣にある松の風文化公園でテニスをしましたが、コートのそばには銀杏が鈴なりに成っていて、あの独特の匂いがコート内にも漂っていました。

Kimg1599

昼休みに近所のスーパーへ行ったら、ようやく「二十世紀」梨が店頭に並んでいました。

「幸水」や「豊水」が主流となっている梨ですが、私はこの「二十世紀」梨が大好きです。

みずみずしさは「幸水」や「豊水」より少ないですが、ちょうどいい硬さと甘酸っぱさが好きです。

近年なかなかお目にかかれない品種となってしまい悲しい限りですが、せっかく売っていたので買いました。

Kimg1607

2019年9月24日 (火)

パントリースペース

最近、建て主さんからのご要望に「パントリー」が増えてきたように思います。 

パントリーとは、キッチンに隣接した収納スペース、いわゆる食品庫のことで、食料品や飲料品などをストックしておくスペースと言っていいでしょう。 

このあいだ竣工した住宅にもキッチンに隣接して1.5畳ほどのパントリースペースを設けました。 

棚板が可動式となっているので、たいへん使いやすく便利だと建て主さんに喜ばれました。 

ご夫婦とも仕事をされているため、食料品は休日に一週間分まとめて購入したり、ネット通販で一括購入したりするため、乾物品やお酒などの飲料品をストックしておくパントリーが欲しいとのことでした。 

また、食料品の宅配サービスを利用されている家でも収納スペースをキッチンの近くに欲しいという要望がありました。 

こういうライフスタイルは、ご夫婦それぞれ仕事をされている家に限ったことではなく、ご高齢の方の家でも同様のことが言えると思います。 

パントリーといっても食料品だけを収納しておくのではなく、日用品全般でストックしておくスペースとして必要なのかもしれません。

_mg_00301

2019年9月17日 (火)

練馬区立向山庭園へ

少々前のことになってしまいますが、8月29日に豊島園駅のすぐそばにある練馬区立向山庭園へ行ってきました。

この日が祖母の命日だったので、菩提寺である豊島園の十一ヶ寺へ墓参りをしてきたのですが、いつも墓参りのあとに近くの向山庭園へ立ち寄っています。

Kimg15240

Kimg15090

ここの庭園は高低差のある回遊式庭園で、多目的室や和室がある主屋と離れの茶室、池もあり、私が好きな場所です。

Kimg15160

ちょうど夏の時期ということで、軒先には風鈴がいくつもぶら下っていて、いい音色がしていました。

Kimg15290

青もみじも綺麗で、珍しい色と柄の花が咲いていました。

Kimg15140

Kimg15120

また、茶室の入り口には鮮やかな紫色の桔梗も咲いていました。

Kimg15220

紫色は祖母が好きだった色なので、この美しい桔梗を見つけた時、祖母のことを思いました。

 

2019年9月 9日 (月)

青梅で建築散策(其の参)

「青梅で建築散策(其の弐)」のつづき。

先月に建築散策をした青梅の街。

宿場町だったこともあり、歴史のある建物が旧街道沿いに意外と多く建っていました。

街道から一本脇道に入ると、古い民家をリノベートしたカフェもありました。

Kimg1359

また、このような細い路地の横丁が残っていたり、風情がありました。

Kimg1361

Kimg1362

青梅駅から東へ少し歩いたところには、立派な松の木が印象的な木造三階建て近代和風建築の鰻屋さんが。

建てられた大正末期から昭和初期の当時としては、木造三階建てはとても珍しかったはず。

Kimg1364

さらに東へ進むと、趣のある看板建築が。

写真館だったようですが、残念ながら現在はやっていないようです。

と思ったら、並びに別の写真館がありました。

Kimg1366

1階ショーケース下の腰壁がモザイクタイルで、2階の開口部とバルコニー手摺が印象的なファサードでした。

Kimg1369

またその同じ並びには、1階部分の外壁が石貼りで、張り替えて間もないように見えるテントのフォントがなんとも言えずいい看板建築のヘアーサロンです。

Kimg1370

再び青梅街道に出て、今回の青梅散策で是非とも見学したかった「旧稲葉家住宅」ともうひとつの「津雲邸」へ向かいました。

しかし、なんと展示物の入れ替えで臨時休館。がっかりです。

仕方ないので、外観だけ見学。

次回の楽しみに取っておきます。

Kimg1371

Kimg1373

このあとは、さらに青梅街道を東へ。

「西分一」の信号を右折すると、大谷石の蔵が目に飛び込んできます。

Kimg1383

ここは、青梅織物工業協同組合の事務所で、敷地内にはパステルカラーに塗られた下見板張りの洋風建築があったり、織物業で栄えた群馬県桐生や埼玉県秩父でも見かけたのこぎり屋根の建物があります。

Kimg1385

Kimg1384

ちなみに大谷石の蔵は現在、リノベートされて食とアートの出会い空間「繭蔵」という名前のお店になっています。

この日は相変わらずの猛暑、せっかくここまで来たので、ちょっとひと休み。

Kimg1395

Kimg1393 

アイスカフェオレを頂いたあと、2階のギャラリーへ。

ハンモックが展示されていました。

Kimg1391 

青梅は当時宿場町だったという歴史がある街なので、ここが東京都であることを忘れてしまうぐらい素晴らしい建物とたくさん出逢えて、散策を堪能出来ました。

 

 

 

 

2019年9月 3日 (火)

青梅で建築散策(其の弐)

8月に建築散策をした青梅。

前回のブログ「青梅で建築散策(其の壱)」の続き。

青梅街道沿いを西へ進んだところにある「旧稲葉家住宅」を見学した後、再び青梅街道を東へ。

戻る途中、往きとは反対側に建っている建物を眺めながらぶらり。

Kimg1316

こちらにもレトロな郵便ポストが。やっぱり、青梅の街には、このポストが似合いますね。

Kimg1318

切妻屋根と軒、建具の格子、そして板塀の組合せと外観がこの街並みに溶け込んでいます。

そして、こういう歴史のある建物の多くが、屋根と軒の高さや位置が揃っていてプロポーションが整っているので、街並みに統一感があります。

以前はもっとこのような建物が並んでいたはずなので、その風景はさぞかし美しかったことでしょう。

このような街並みは、宿場町だった街道沿いによく見られる光景ですね。

Kimg1326

Kimg1327

白漆喰が美しい蔵造りの家も健在です。

Kimg1330

その一方で、最近なかなかお目にかかれないコイン精米機やお米の自動販売機もここ青梅にはあります。

Kimg1331

こういう趣きのある焼肉屋さんも。赤いトタンの片流れ屋根の勾配と建物のプロポーションがいい。

Kimg1333

こちらの建物、最近改修工事が行なわれたようで、格子が細かい建具と戸袋が見事な住宅です。

住まい手がこの建物を代々大切に維持管理をして住み続けている様子が見受けられます。

このような歴史を感じさせる重厚な木造建築のほかにも、青梅街道沿いにはレトロな看板建築も数多くあります。

Kimg1343

数軒の看板建築が並んでいる場所も最近ではなかなか見掛けなくなりましたが、この写真は青梅街道と旧青梅街道が分かれる交差点で、それぞれの建物が個性があって頑張ってます。

私はここから旧青梅街道へ進み、JR青梅駅方面へ。

しばらく歩くと往きにチェックしていた素敵な看板建築に再会。

Kimg1276

この建物、元々はなんと玩具屋さんだったらしい。

意匠がとても興味深く、洋風なファサードと二階の和風な木製建具が調和が取れています。

現在は、リノベートされてゲストハウスとカフェになっており、前に止まっているバイクがいい画になっています。

このまま旧青梅街道を進んでも駅前に出るので、少し脇道に入って建築散策を。

ありました、素晴らしい建物が。

Kimg1347

この立派な風格のある佇まい、質屋さんでした。

Kimg1349

こちらの建物も歴史を感じさせる外観。以前はご商売をされていたようです。

このあと、まだまだたくさんの素晴らしい建築と出逢いましたが、続きは次回へ。

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »