無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月28日 (水)

青梅で建築散策(其の壱)

先日、青梅で建築散策をしてきました。

以前から訪れたいと思っていたのですが、この日ようやく行くことが出来ました。

自宅から自転車でJR吉祥寺駅まで行き、中央線の青梅快速に乗って乗り換えなしで青梅駅まで。

立川から青梅線に入ると、ドアの開閉はドアの横にあるボタンを押して行うので、ちょっと遠出をした気分になりました。

吉祥寺からおよそ1時間で終点青梅駅に到着。

終点なのにボタンを押さないとドアが開かず、ちょっとびっくり。

Kimg1274

青梅駅の駅舎はレトロっぽい外観で、駅名の看板文字もレトロっぽいフォント。

ここから散策スタート。

まずは旧青梅街道へ出て西へ進み、最初の目的地「旧稲葉家住宅」へ。

向かう途中、旧青梅街道と青梅街道沿いには宿場町だったことを思いおこさせる建物がいくつもありました。

Kimg1283

Kimg1353

歴史を感じさせる重厚な建物で、屋根瓦や建具、庇、軒、雨樋などすべてが風格と品があります。

Kimg1286

青梅街道から少し脇道に入ると、住宅地にもこんな蔵も。

Kimg1282

昔の郵便ポストも健在で、この街では全く違和感がなく、むしろ溶け込んでいます。

Kimg1290

元は蔵であったような趣の店舗兼住宅も。

Kimg1323

見るからに歴史のありそうな佇まいのお米屋さんがありました。

東京でこういう建物を維持して使い、お店が代々続いていることに感動しました。

しばらく青梅街道を歩くと、最初の目的地「旧稲葉家住宅」に着きました。

Kimg1313

こちらの建物もお米屋さんと同様、間口が広い立派な佇まいです。

江戸時代から有数の豪商だった家で、蔵造りの二階建て母屋と土蔵からなる東京都指定有形民俗文化財となっており、現在は一般公開されています。

Kimg1306

太い大黒柱と梁、組子細工と一枚板の建具がまず目に留まりました。

Kimg1299

ガラスも当時のままで、少し歪んでます。

Kimg1305

二階へ上がる階段部分には天井面に引戸があり、閉められるような仕組みになっています。

Kimg1310

北側にある土蔵は、漆喰の塗り替え工事が行なわれていて真っ白に光ってました。

三階建ての蔵は珍しいです。

Kimg1293

じっくり堪能したあとは、再び青梅街道を東へ戻ってぶらぶらと建築散策を。

この続きは、次回。

 

 

 

 

 

2019年8月21日 (水)

ツリーハウスとBBQ

先日、友人宅の庭で大勢の仲間とバーベキューをしました。

天気が雨が降ったり止んだりとコロコロ変わりましたが、あらかじめテントを張ってくれていたので、濡れずに済みました。

料理が得意な友人が何人もいたので、私はカレー作りに必要な鶏肉と野菜を包丁を使って慣れない手つきで切りました。

Kimg1258_20190823105201

また、ダッチオーブンを使った豚肉とジャガイモがとても美味しかったです。

Kimg1266

Kimg1270

この日は、バーベキューを楽しむほかに、友人の手作りによるツリーハウスを体感してきました。

広さは二畳半ほど、天井は切妻屋根に合わせていて、壁と天井はラワン合板張りで、ここからの眺めは最高です。

Kimg1269 

Kimg1254 

現場で残った建材や解体現場にあった建具を使って、こんな素敵なツリーハウスになりました。(ただし、まだ施工途中です)

このようなガラスは、今やもうお目にかかることは珍しく、このツリーハウスで第二の人生を送ることになりました。

Kimg1261

友人の家の目の前には茶畑が広がり、きれいに刈り込まれて美しい緑の風景でした。

Kimg1263

ビールやハイボール、日本酒も飲みながら、美味しい料理をいただいて楽しいお喋りを屋外で過ごせたことは、なんとも贅沢な時間でした。

Kimg1271 

2019年8月 5日 (月)

大好きなバームクーヘン

先日、所用で久しぶりに東急東横線の学芸大学駅で降りた。

この駅に来ると、大好きなあの洋菓子を思い出す。

それは、駅前にある老舗洋菓子店「マッターホーン」のバームクーヘン。

Kimg1204

以前、戴き物ではじめて食べて、その美味しさに感動して何度か買いに行っていたが、お店の看板商品ということもあって、ここ最近なかなか買うことが出来なかった。

なので、この日は駅に降りて真っ先にお店へ向かった。

猛暑の正午すぎでしたが、お客さんで一杯。

買えるかちょっと心配だったが、無事に今回は買えて良かった。

ここのお店の包装イラストは画家の鈴木信太郎さんによるもので、西荻窪にある洋菓子店とレストラン「こけし屋」のイラストも描いている。

この日の夕食後に家族で頂きましたが、「ここのバームクーヘンは、やっぱり美味しい」と皆が口を揃えて言っていた。

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »