無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 久しぶりに大学キャンパスへ | トップページ | 「三つの屋根を持つコートハウス」配筋検査 »

2018年8月 7日 (火)

洋風建築の蕎麦屋

先日の日曜日、藍染作家の友人が出展している

展覧会のギャラリーがある大森の街を久しぶりに

訪れた。

この日も暑く、正午過ぎにJR大森駅に着いたので、

昼食をしてからギャラリーへ向かうことにした。

ちょうど数日前のインスタグラムで知った洋風建築

の蕎麦屋が大森にあったので、その店へ行くことに。

Kimg6887_2

十字路の角に入り口があるスクラッチタイルの外観が

特徴的な洋館建築。

Kimg6890

元々は、別の用途で使われていた昭和2年築で、戦災

を免れた貴重な建造物です。

店内がとても楽しみで、青い暖簾をくぐり、引戸を開けた。

珍しく、入り口で靴を脱いで上がる蕎麦屋だった。

Kimg6885

入り口の床タイルも当時のまま。

Kimg6869

天井は思っていたよりも高く、座席数は比較的少な目。

あまりにも暑かったので、とりあえずビールを。

Kimg6871

ビールで喉を潤して、店内を観察。

腰壁は板貼り、上部の壁は漆喰のようだ。

Kimg6883

床のフローリングも当時のままのようだが、ちょっと

床が傾いているみたいでした。

そして、もり蕎麦を注文。

Kimg6875

蕎麦は、私好みでコシがあって美味しかった。

せっかく訪れたので、お手洗いも気になり、行ってみた。

Kimg6876

廊下も木製建具や照明器具も当時のままらしく、

素敵だった。

Kimg6879

建具の鍵もドアノブも趣きがありました。

Kimg6878

Kimg6882

暑さを凌いで、美味しい蕎麦と建築を堪能しました。

Kimg6898

« 久しぶりに大学キャンパスへ | トップページ | 「三つの屋根を持つコートハウス」配筋検査 »