無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 浜離宮恩賜庭園から水上バスに乗って | トップページ | 洋風建築の蕎麦屋 »

2018年7月30日 (月)

久しぶりに大学キャンパスへ

先日、久しぶりに母校の大学キャンパスを訪れました。

私が所属していた工学部建築学科の研究室が入って

いた「H棟」という建物が老朽化のため解体されること

になり、まさに解体工事がはじまる前日に建築学科の

OB会が「建築かふぇH棟解体前夜」と題してお別れ会

が開かれ、それに参加してきたというわけです。

Kimg6717

正門を入ると、キャンパスのシンボル的建物の1号館が。

Kimg6721

キャンパス内のほとんどの建物を設計したのが建築家の

山田守で、日本武道館や京都タワーなど数多くの設計を

しています。

Kimg6723

Kimg6725

今回解体されるH棟も山田守の設計で、スロープが特徴的

な建物で、キャンパス内に同じような建物が並んでいます。

いざ、思い出のH棟へ。

Kimg6727

スロープを上り、

Kimg6730

中へ入ると、もう既に元研究室のあった部屋はもぬけの殻。

Kimg6736

Kimg6738

屋上へ行き、最期の別れを。

Kimg6732

物も人も居ない建物は、本当に寂しい限り。

会場へ向かうと懐かしい面々も。

建築家、山田守の研究をしているOBによるレクチャーを

聞きながら、思い出話を久しぶりに会ったOBと。

日が暮れたあと、なんとOBによる照明計画でH棟をライト

アップしてくれた素敵な演出も。

Kimg6744

Kimg6750

Kimg6749

こういうのを見ると、明日から解体されてしまうのが、本当に

残念でなりません。

会がお開きになったあと、OBが新しい建築学科棟を案内して

くれましたが、なんとも立派な建物で驚きました。

まるでオフィスビルです。

Kimg6751

吹き抜けのある広いスペース。

Kimg6757

広い廊下に、仕切りの無い各研究室。

Kimg6758

中庭まであります。

Kimg6766

随所に大学のイメージカラーであるブルーが使われています。

ちょうど、この建物を現場担当されたOBに建物の説明を聞く

ことも出来てとても良かったです。

Kimg6776

それにしても、今の学生たちは恵まれています。

明日解体される私たちが学んだH棟と今の学生が学んでいる

新しい建物を見て、なんだか複雑な心境になりました。

« 浜離宮恩賜庭園から水上バスに乗って | トップページ | 洋風建築の蕎麦屋 »