無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月28日 (月)

林芙美子記念館を訪ねる

このあいだの休日、下落合にある「林芙美子記念館」へ

行ってきました。

前回訪れた時は、あいにく改修工事中で閉館だったので、

今回の再訪は楽しみでした。

Kimg5614

緑が豊かに生い茂り、純和風の平屋建てと調和の取れた

佇まいでした。

Kimg5617

建物の配置が素晴らしく、建物と建物とを結ぶ土間を

抜けると、立派な樹木と庭が目に飛び込んできます。

Kimg5621

ちょうど新緑が美しい時期だったので、より一層庭の

緑が美しく見えました。

Kimg5628

Kimg5632

敷地内には、石畳をはじめ飛び石や置き石がたくさん

配置されていました。

Kimg5622

Kimg5626

Kimg5664

建物内部は残念ながら立ち入ることがNGですが、庭から

床の間や飾り棚、障子など内部の様子は窺えました。

Kimg5640

住居とは別に大谷石の蔵もあり、現在は展示室になってます。

Kimg5633

それにしても樹木をはじめ、建物を包み込むように植栽が

多かったです。

Kimg5634

敷地内は傾斜地の部分もあり、高台に登ってこのように

屋根も一望出来て、良かったです。

Kimg5666

2018年5月19日 (土)

クウェート大使館

以前、近々解体されるとの情報を知り、最後の雄姿を撮影しに

訪れた港区三田のクウェート大使館。

建築家、丹下健三によって設計されたこの建築は、1970年に

竣工しました。

Kimg5596

建築のことを知らない人でもこの大使館の前を通ると、

立ち止まって見てしまうほどの特徴的なフォルムで、

7階建てですが、途中階の一部が空中庭園のように

なって抜けているため、上層階がまるで宙に浮いている

かのように見えます。

Kimg5598

おそらく耐震性等の問題で建替えられるらしいと聞いて

いましたが、先日建築に詳しい友人から解体されない

との話を伺いました。

Kimg5600

最近、全国で名建築がどんどん壊されている状況は

とても悲しいですが、このように残されるケースも少な

からずあるということは、とても嬉しいことです。

2018年5月16日 (水)

上野で隣り合う二つの興味深い建築に出逢う

先日、打合せで訪れた上野。

駅から浅草通りを浅草方面へ歩いていると、なんとも

興味深い建築が。それも二つ隣り合わせで。

ひとつは、歯科医院。

Kimg5553

三角屋根と三角の庇、木製の上げ下げ窓と洋風なのに、

外壁は銅板葺きの緑青。

看板の文字は右から左へ書かれていて、「医」も旧字。

こんな素敵な建築が上野からすぐの場所に、しかも

現在も現役で開業されているなんて驚きです。

奇跡的に戦火を逃れたのでしょう。

そのお隣には、理容院。

Kimg5551

古い建築ではありませんが、外壁の板金が鱗のような

菱葺き、上部の竪格子、そして店名が金文字の縦書き

というところが目を引く外観です。

おそらく歴史のある理容院なのでしょう。

ちょうど浅草通りを挟んで反対側には、特徴的なフォルム

の教会もありました。

Kimg5550

打合せ先で偶然このような素敵な建築に出逢えると

なんだかとても嬉しくなります。

2018年5月10日 (木)

角川庭園の幻戯山房

ちょっと前のことになりますが、GW中に杉並区荻窪にある

角川庭園を訪れました。

JR中央線荻窪駅から少し歩きますが、近くには大田黒公園

もありオススメです。

角川庭園は、その名称のとおり角川書店を創設した方の旧

邸宅のお庭だったところを区が譲り受けたもので、この邸宅が

「幻戯山房(すぎなみ詩歌館)」という施設として使われています。

Kimg5526

こちらの庭園はもちろん素晴らしく、水琴窟まであるのですが、

それ以上にこの旧邸宅がいいんです。

Kimg5523_2

緩やかな坂をぐるりと廻って玄関へと進み、珍しい

内開きの玄関ドアを開けて入ります。

Kimg5522

なにしろ意匠が素晴らしいんです。

Kimg5521

茶室もあり、床の間に使われている竹が利いてます。

Kimg5515

その茶室を外から見ると、こうなります。

Kimg5525

コーナーに柱がなく、建具を開けて戸袋に仕舞うと

内外との隔たりが無くなる仕掛けになっています。

Kimg5514

この邸宅は、室内から外の庭を楽しむことに重きを置いた

というのが、よくわかります。

Kimg5520

残念ながら2階への立ち入りはNGですが、間近で内部

まで見ることが出来る貴重な近代の数奇屋建築です。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »