無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 秩父散策(その1)ちちぶ銘仙館 | トップページ | 秩父散策(その3)レトロ建築2 »

2018年2月 1日 (木)

秩父散策(その2)レトロ建築1

西武秩父駅からスタートした秩父散策。

はじめにちちぶ銘仙館見学を堪能したあとは、番町通りへ。

この通り界隈には、レトロ建築が数多く点在しています。

まずは煙草屋さんの建物と有名な洋食屋さんの建物を。

Kimg4167

コーナー部分の丸みと窓や壁面の意匠が素晴らしいです。

Kimg4169

洋食屋さん「パリー」という店名もいいけど、文字のフォント

と色、そして縦書きが洒落ています。

Kimg4172

お店の前に止まっているスーパーカブも建物とマッチしてます。

元煙草屋さんのお向かいのこの建物もファサード、穴開きブロック、

樹木がいいんです。

Kimg4175

ここ秩父も歴史のある街だけあって、医院も洋風建築です。

Kimg4164

Kimg4198

これら建築のほとんどが、登録有形文化財に指定されています。

このエリアから少し離れた秩父神社の裏手には、こんな特徴的な

外観の建築も。

Kimg4301

昔の映画館で、現在は改修されてイタリアンレストランになって

います。

また、一見すると分かりづらいこんな銭湯も健在でした。

Kimg4229

メイン通り沿いには、イチョウの葉をモチーフにしたポールも。

Kimg4285

さらにブラブラ歩くと、ちちぶ銘仙館にもあったノコギリ屋根の

建築をいくつか見かけました。

Kimg4234

Kimg4269

やはり北側の屋根面には、一定の明るさの光を取り込む

ための窓があります。

Kimg4272

屋根をよく見ると、ノコギリのひとつひとつが漢字の「入」と

いう字に見えたりもします。

Kimg4275

秩父市中心部には、まだまだたくさんの魅力的な建築が

あるので、この続きは次回へ。

« 秩父散策(その1)ちちぶ銘仙館 | トップページ | 秩父散策(その3)レトロ建築2 »