無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 秩父散策(その3)レトロ建築2 | トップページ | 麻布界隈を散策(その2)レトロ建築 »

2018年2月23日 (金)

麻布界隈を散策(その1)坂の名称

先週の休日、ショールームへ行ったあと麻布界隈を散策

してきました。

新旧の気になる建築を見てまわったのですが、なにしろ

坂道が多いんです。

そもそも港区には数多くの坂道があり、それぞれ歴史を

感じさせる素敵な名称が付いています。

興味のある方は、<港区公式ホームページ>をご覧ください。

港区内にある86箇所の坂道と名前の由来が載っています。

私が今回歩いた坂は、

Kimg48542

・日向坂(ひゅうがざか)

Kimg48722

・綱坂(つなざか)

Kimg49082

・狸穴坂(まみあなざか)

Kimg49252

・鼠坂(ねずみざか)

Kimg49282

・植木坂(うえきざか)

Kimg4930

・鳥居坂(とりいざか)

Kimg4931

・暗闇坂(くらやみざか)

Kimg4933

・大黒坂(だいこくざか)

Kimg4934

・七面坂(しちめんざか)

Kimg4937

・南部坂(なんぶざか)

のたった10箇所の坂。

江戸時代、この界隈には、大名屋敷がたくさんあったので、

その坂に面していた大名家の苗字が坂の名称になっている

ことが多いようです。

このように坂道には、名称と由来が書かれた木柱があるので、

見つけるだけで散策が楽しくなります。

« 秩父散策(その3)レトロ建築2 | トップページ | 麻布界隈を散策(その2)レトロ建築 »