無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 近くて遠かった地元のカフェ | トップページ | オールステンレスのオーダーメイドキッチン »

2017年8月 8日 (火)

「日本の家・1945年以降の建築と暮らし」展へ

先日、竹橋にある東京国立近代美術館で開催中の

「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」展へ行って

きました。

Kimg2511

展覧会のタイトルどおり戦後の日本の住宅について時代

とテーマに沿って建築家が設計した代表的な住宅の模型、

図面や映像などが数多く展示されていて、見応えが十分

ありました。

Kimg2527

Kimg2534

Kimg2533

中でも展示のメインスペースの真ん中に再現された

建築家、清家清の「斎藤助教授の家」の原寸大模型

の展示が印象的でした。

Kimg2513

しかも、靴を脱いで内部に入ることが可能になっているので、

天井高さをはじめスケールやインテリアを体感出来ました。

Kimg2514

Kimg2522

この縁側がなんとも言えず良く、フラット天井が食事室や

居間、和室、縁側とひと繋がりの連続した空間となって

います。

Kimg2523

Kimg2525

キャビネットや移動畳も斬新で洒落ています。

展示スペースが広く展示物も多いので、見学するのに

時間がかかりますが、チケットの半券の裏をよく見ると、

リピーター割引でこの使用済み観覧券を次回提示すれば

500円になると明記されていました。

捨てずに持っていて正解です。

10月29日(日)まで開催しているので、必ずもう一度見学

しに行こうと思います。

Kimg2516

Kimg2529

« 近くて遠かった地元のカフェ | トップページ | オールステンレスのオーダーメイドキッチン »