無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 「芦原義信 建築アーカイブ展」へ | トップページ | 仙太郎のみなづき(水無月) »

2017年6月21日 (水)

江戸東京たてもの園の前川國男邸

小平にある武蔵野美術大学の美術館で開催中の

「芦原義信 建築アーカイブ展」へ行ったあとは、

再び自転車で五日市街道を東へ。

玉川上水沿いには、綺麗な紫陽花が咲いていました。

Kimg2141

Kimg2139

しばらく五日市街道を走っていると、茅葺屋根の立派な

山門が目に飛び込んできました。

Kimg2144

お寺の名前は、「海岸寺」。

海が近いわけでもないのに、なんだか不思議なお寺です。

Kimg2146

近づいて見ると、美しい木組みと彫刻が見事です。

Kimg2147

Kimg2153

Kimg2151

Kimg2149

Kimg2156

東京のしかもこのような場所に、茅葺屋根の重厚な山門が

あるお寺があったなんて全く知りませんでした。

しばらく見学したあと、近くの都立小金井公園へ。

公園内にある江戸東京たてもの園にある建築家、前川國男

の自邸が移築されているので、久しぶりに見学。

Kimg2158

ちょうど、前川國男の師匠であった世界的な建築家、

ル・コルビュジエとの展覧会が開催中でした。

展示物を見たあとは、前川國男邸へ。

Kimg2160

切妻屋根が印象的な木造二階建ての住宅です。

Kimg2162

私が個人的に気に入っているところが、玄関アプローチ。

あえてアプローチを直角に折って距離を取り、塀で遮る

仕掛けになっています。

Kimg2178

内部も吹き抜け空間が気持ちよく、格子状の開口部も

和の雰囲気で落ち着きます。

Kimg2175

2階は残念ながらNGなのですが、吹き抜けを介して

1階のリビング・ダイニングと2階が繋がっているのが、

心地いいんです。

Kimg2171

Kimg2174_2

この住宅は私が最も好きな住宅のひとつで、毎年1回は

必ずここを訪れてこの空間を体感しています。

« 「芦原義信 建築アーカイブ展」へ | トップページ | 仙太郎のみなづき(水無月) »