無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月30日 (火)

三渓園の古建築を見学

この前のゴールデンウィーク中、本牧にある三渓園へ行って

きました。

午前中、港の見える丘公園から山手地区を散策して、洋館

建築を堪能し、午後は日本の古建築を堪能するという少々

欲張りなスケジュールを組みました。

Kimg1719

前回ここを訪れたのがいつだったか思い出せないほど、

久しぶりでした。

Kimg1726

Kimg1739

Kimg1744

「こんなに広かったっけ?」

と思うほど立派な庭園で、池も大きかったです。

Kimg1745

今回三渓園へ来たのは、「新緑の古建築公開」と題して

重要文化財の「春草蘆」と「聴秋閣」がゴールデンウィーク

中だけ特別に見学出来るからでした。

もちろん、これ以外にも素晴らしい建築が点在していて

見どころが満載でした。

Kimg1760

こちらが、聴秋閣。

もともとは、京都二条城内に建てられたという説と、江戸城

内にあったという説とあり、正確な来歴は不明なようですが、

移築された建築です。

Kimg1792

外観そのものも変わった形状をしていて、三つの屋根が

特徴的です。

Kimg1788

内部はさらに変わった意匠で、天井が凝っていました。

Kimg1787

Kimg1795

そしてこちらが、春草蘆。

Kimg1813

Kimg1812

もともとは、京都宇治の有名な三室戸寺にあった茶室です。

Kimg1809

Kimg1807

四畳にも満たない小さな茶室空間ですが、九個の窓が

配置されている点が特徴的です。

Kimg1805

Kimg1783

この日は快晴で新緑が美しく、青もみじと地面の苔が

印象に残りました。

2017年5月26日 (金)

久しぶりに横浜山手地区を散策

ゴールデンウィーク中、久しぶりに横浜山手地区を散策

しました。

この日、はじめて乗車した西武線Sトレインの新型車輌で

元町中華街駅へ。

まずは、港の見える丘公園へ。

Kimg1589

オフコースの曲の歌詞にあるように

「港が見下ろせる小高い公園」で、この日は快晴でヨコハマ

ベイブリッジもはっきり見えて気持ち良かった。

ちょうど花のイベントが開催中で、至るところに色とりどりの

花が咲いていました。

Kimg1591

Kimg1593

Kimg1596

公園内を進み、洋館建築を順番に見学していきました。

Kimg1600

Kimg1612

イギリス総領事公邸として建築された横浜市イギリス館。

P1330623

赤い瓦屋根と白い壁が特徴的な山手111番館。

Kimg1619

ここ山手地区は電話ボックスもお洒落で、この写真だけ見ると

まるでアメリカのようです。

Kimg1626

日本でも多くの建築を設計した建築家アントニン・レーモンド

によるエリスマン邸。

Kimg1631

スパニッシュ様式のベーリックホールは、大きな建築で

内部の意匠も素晴らしかったです。

Kimg1638

階段の手摺も凝ったデザイン。

Kimg1650

それぞれの個室には、浴室、洗面、トイレが備わっていて

タイルも各室異なっています。

Kimg1659

山手地区は高台にあるので、ランドマークタワーもここから

だと見下ろせます。

Kimg1678

外交官の家は、もともと東京の渋谷区に建っていたものを

ここへ移築された建物ですが、すっかり周りの風景に溶け

込んでいます。

Kimg1684

Kimg1688

お庭も立派で、ここからの眺望も素晴らしいです。

Kimg1708

Kimg1710

ここからは階段状の坂を下り、急な下り坂の道を進むと

JR根岸線の石川町駅へ。

Kimg1714

この駅舎も変わった造りで、趣きもあります。

Kimg1716

ここから根岸線に乗って、次の目的地である三渓園へ

向かいました。

2017年5月23日 (火)

西武線Sトレインに乗って元町中華街へ

少し前のことになりますが、GW中に西武線の新型車輌

40000系の「Sトレイン」に乗って元町中華街へ行って

きました。

Kimg1572

全席指定なので事前に購入し、当日石神井公園駅から

乗車しました。

Kimg1577

車内は左右それぞれ二列シートで、中吊り広告が無いので、

スッキリしています。

Kimg1578

もちろん、座席は窓側。

石神井公園駅では空席がありましたが、GWということで

満席との車内アナウンスがありました。

Kimg1580

停車駅も少なく、石神井公園駅から元町中華街までは

およそ1時間で快適でしたが、停車駅以外の駅で時間

調整か電車間隔のためか時折停車することがあり、その

点が唯一不満でした。

2017年5月19日 (金)

大磯の旧吉田茂邸を見学

ついこのあいだ、大磯に住んでいる建築家の友人お二人に

大磯の町を案内してもらいました。

JR湘南新宿ラインに乗って大磯駅へ。

歴史を感じさせるとても落ち着いた雰囲気が印象的な素敵な

駅舎です。

Kimg1207

Kimg1209

総勢9名が大磯駅に集合し、まずは旧吉田茂邸へ。

駅から少し距離があるので、タクシーに分乗して向かいました。

Kimg1210

数年前に漏電が原因で全焼してしまった旧吉田茂邸。

今年の4月にようやく再建されて、今回訪れることに

なりました。

幸いにも建物から離れた場所の門は火災を免れて

当時のまま残っていて、檜皮葺き屋根が美しかった

です。

Kimg1214

手入れの行き届いたお庭を抜けると、新たに建設された

邸宅が。

Kimg1217

Kimg1220

Kimg1218

外観から圧倒されて、舐めるように見てしまい、中へ入る

まで時間がかかりました。

Kimg1228

室内から眺める庭も素晴らしく、新緑が見事でした。

Kimg1230

網代天井、京唐紙、そして「月」という文字をモチーフに

した引き手など、凝った意匠が至るところにありました。

Kimg1233

檜のいい香りがする浴室には、まさに湯舟がありました。

Kimg1234

部屋を進むたびに見どころが多くてあっという間に時間

が経っていきました。

Kimg1251

照明器具も部屋ごとに異なるデザインが施されていました。

Kimg1256

Kimg1273

Kimg1280

Kimg1288

建具や戸袋のディテールも興味深い。

Kimg1261

壁の一部にクッション材を使っていたりと斬新なところも。

Kimg1264

漆塗りは、光沢が見事で重厚感があります。

Kimg1278

見付けを細く見せる工夫が随所に見られます。

Kimg1270

二階から眺める下屋も美しい。

Kimg1272

広い庭のほかに坪庭もありました。

Kimg1287

屋根、軒先も美しい。

Kimg1290

火災で焼失される前の姿でないのは残念でしたが、

さまざまな素材とそれらによるディテール、そして内部から

見える外部の眺めなど、見どころ満載でお腹が一杯に

なりました。

2017年5月 9日 (火)

春日部の街を散策

このあいだ、所用で埼玉県の春日部を訪れる機会がありました。

駅の東口を歩き出すと、こんなレトロな看板が。

Kimg1104

また少し歩くと、蔵がありました。

昔、宿場町というだけあって、あちこちに立派な蔵がまだ残って

いました。

Kimg1106

Kimg1120

大谷石の蔵は使われていませんが、状態も良く庇や扉の

意匠も素晴らしかったです。

Kimg1132

黒や白の漆喰壁の蔵は、庇が特徴的でした。

Kimg1139

Kimg1147

また、レトロで趣きのある建物もありました。

Kimg1109

Kimg1119

立派なお寺もあり、三門からの景色がまるで額縁の絵の

ようでした。

Kimg1129

活気が無いと地元の方はおっしゃっていましたが、訪れた側

から見ると魅力的で歴史的価値のある既存の建物や素材、

要素は既にあり、それらをどう活用していくかという部分が

大事な気がしました。

Kimg1135

老舗米穀店の瓦屋根には、鍾馗さんがありました。

それにしても立派な建物です。

Kimg1150

邸宅の門扉が銅板の亀甲葺きになってました。

Kimg1152

また別の邸宅の門構えも凝った意匠で素晴らしい。

Kimg1141

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »