無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 遅い夏休みを取って京都&大阪へ(その2) | トップページ | 京都東山の名勝、無隣庵へ »

2016年9月13日 (火)

「京の夏の旅」で特別公開の文化財を巡る

遅い夏休みを取って、久しぶりに訪れた京都。

着いたその日に、私が設計監理をした京都の二世帯住宅

が完成して4年が経ったので、お宅にお邪魔して住まいの

状況を拝見し、建て主ご家族にお会いしました。

そして今回の旅のメインは、<京の夏の旅>と題した特別

公開されている文化財を巡ることでした。

幸い天気にも恵まれ、レンタサイクルを利用して東西南北

と自転車で走り廻りました。

まず訪れたのは、平安女学院大学の有栖館(有栖川宮旧邸)。

P1310345

烏丸通の京都御所の真向かいにあります。

こちらの黒く光った板貼りは能舞台で、奥に見える庭園は

11代小川治兵衛による作庭です。

P1310336

欄間も繊細で美しいです。

P1310330

透かし彫りも見事です。

P1310338

P1310341

旧宮家ということで、菊の紋章が入っています。

P1310337

次に向かったのは、「藤田家住宅」。

P1310348

なんといっても感動したのは、この吹き抜けと天窓(トップライト)。

P1310356

その他、全体的な意匠も素晴らしかったです。

夏のしつらえが、なんとも京都でした。

P1310379

洋間の天井が網代で、照明器具もお洒落です。

P1310358

この洋間にあるマントルピースとテーブルと椅子が、とても

この空間に合っていました。

P1310384

それにしても、この吹き抜けと天窓の空間が素晴らしく、

壁面も凝っていて、私はしばらく見上げてました。

P1310386

三つ目に訪れたのは、東山にある「並河靖之七宝記念館」。

こちらは、前の2ヵ所と離れているので、次の日に行きました。

P1310686

こちらは、残念ながら建物内部の撮影はNG。でも七代目、

小川治兵衛の作庭によるお庭は撮影が出来ました。

もちろん、七宝焼きの作品は正に芸術品でした。

P1310692_2

説明をしてくださったボランティアガイドの方によると、この

庭を見て、いたく感動した山縣有朋が自身の別荘の作庭を

小川治兵衛に依頼し、それがきっかけで小川治兵衛の名が

知れ渡り、有名になったそうです。

その山縣有朋の別荘「無隣庵」も今回の旅で訪れました。

そのことについては、後日のブログで。

P1310694

P1310697

« 遅い夏休みを取って京都&大阪へ(その2) | トップページ | 京都東山の名勝、無隣庵へ »