無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 「旗竿地のコートハウス」(その8)リビング | トップページ | 「旗竿地のコートハウス」(その9)階段 »

2016年5月31日 (火)

「阿佐ヶ谷書庫」を見学

先日の日曜日、建築家の堀部安嗣さんにより設計された

「阿佐ヶ谷書庫」を見学してきました。

鉄筋コンクリート造で、周辺環境を考慮して小豆色に塗装

された比較的粗い感じの外観とは、全く異なる雰囲気の

繊細な内部空間に圧倒されました。

入った瞬間、この建築を建設するきっかけとなった仏壇に

焚かれた線香のかおりと、角のない360度の円弧に囲まれた

本棚が地下から上階まで一万冊の本に覆われ、トップライト

から光が降り注ぐ空間は、まるで宗教的な印象すらしました。

本棚のサイズがモジュールとなって、螺旋階段の段板や

蹴上げ寸法、仏壇の設置スペースなどのすべてが決定され、

繋ぎ目のない繊細な螺旋階段の手摺が、心地良かった。

設計された堀部さんご本人と建て主ご夫妻からお話が伺えた

ことも貴重なことだったが、それよりも見学前に設計者と建て主

による共著を読んでいたことが、とても良かった。

(※この建築は個人住宅であるため、残念ながら撮影はNG)

この本

「書庫を建てる」

<1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト>(新潮社)

は、建て主と設計者の立場から書かれていて、建て主が土地

を購入するきっかけとなった出来事とその土地に建物を建てる

までの背景を、設計者が建て主との出会いから設計依頼を

受けて設計監理までをおのおのが詳細に書いた本で、私の

ような同じ設計監理の仕事に携わっている人にはもちろん、

これから設計事務所に自分達の住まいを依頼しようか検討して

いる方にもオススメの一冊だと思います。

Kimg7371

« 「旗竿地のコートハウス」(その8)リビング | トップページ | 「旗竿地のコートハウス」(その9)階段 »