無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

「木造三階建て二世帯住宅」が紹介されました

今回、建築家の友人からご紹介いただき、「住まいの学校

という一般社団法人のホームページ内にございます

<今週の家>というコーナーで、私が以前に設計監理した

木造三階建て二世帯住宅

を掲載していただくことになりました。

01

2012年竣工の今年で4年目になる二世帯住宅で、

四世代七人家族が暮らす家です。

良かったら、ご覧ください。

<今週の家 「京都の二世帯住宅」 >

東京都練馬区の設計事務所  三浦尚人建築設計工房

2016年4月25日 (月)

「旗竿地のコートハウス」(その6)洗面室

このあいだ竣工した「旗竿地のコートハウス」では、建て主さま

の要望により、洗面脱衣室をゆったりさせました。

P1290346

洗面器も通常よりも大きめで、病院や理科実験室で使われる

シンクに水栓金具も2箇所設けました。

朝の慌しい時間に家族が洗面所を使えるようにするためです。

また洗面カウンターはタモ集成材、収納扉はタモ突き板にして

温か味を出し、メディシンキャビネットは三面鏡型の収納ボックス

に、間接照明とコンセントが組み込まれたメーカー既成品にしま

した。

K08

洗面カウンターの背後には収納家具を造り付けました。

P1290107

観音開き扉収納の下は、洗濯用ハンガーの収納になって

います。

P1290108

また、花粉が飛散している日や雨の日に室内で洗濯物が

干せるように取り外し可能な物干し用ポールも付けました。

P1290099

2016年4月23日 (土)

「旗竿地のコートハウス」(その5)シューズクローゼット

このあいだ竣工した「旗竿地のコートハウス」ではシューズ

ボックス、いわゆる下足収納と呼ばれる家具はありません。

その代わりにシューズクローゼットというスペースを1.5畳

ほど設けました。

P1290048

オープンな可動棚になっていて、簡単に棚の位置を変えられる

ようになっています。

シューズクローゼットと言っても靴だけでなく、傘、ご主人の趣味

である釣具、ベビーカーなどいろいろなものが置けるミニ納戸の

役割りも持っています。

K07

さらに動線を考慮し、シューズクローゼットの奥にも引戸

を設けて、奥様が買い物から帰宅した際に靴を履いたまま

荷物を持ってキッチンまで運べるように床を玄関と同じく

土間コンクリートにしました。

2016年4月18日 (月)

「旗竿地のコートハウス」(その4)外壁材

このあいだ竣工した「旗竿地のコートハウス」の外壁材は、

建て主さまのご要望でガルバリウム鋼板、メーカーと製品名

アイジー工業のガルスパンという金属サイディングを採用

しました。

ガルバリウム鋼板は屋根材としてもよく使われる素材でもあり、

耐食性に優れ、メンテナンスもほとんど不要なため、外壁材と

してもよく使われるようになっています。

K02

私もこの外壁材は過去に「狭小地に建つ木造三階建て住宅

と「中庭を挟んだ二世帯住宅」の2回ほど採用したことがあり、

設計段階で外壁材について建て主さんへ伺ったところ、これら

の素材が気に入られたため今回も採用しました。

K027

今回では、さらに紫外線や熱にも強い遮熱性フッ素樹脂塗装を

施しているものを採用しました。

色は、メーカーからサンプルを取り寄せて確認し、工事開始後に

再度現場で確認してブルーメタリックと、アクセントとして玄関廻り

をシルバーとしました。

メタリック系なので、日光の当たり具合により色が変化して見え、

建て主さんも大変喜んでおられました。

2016年4月15日 (金)

「旗竿地のコートハウス」(その3)くさり樋

屋根の軒先が出ている建築は住宅だけに限らず、

寺社仏閣でもよく見かけます。

それらの多くは、外壁を雨や夏の強い日差しから

守る役割りがあります。

そういう建築の軒先には、屋根からの雨水を受ける

軒樋が横に付いており、 その雨水を下に落とすため

の縦樋が付いている場合が多いです。

その縦樋の形状は、断面が丸かったり、四角かったり

と筒状のものがほとんど ですが、軒の出が大きかったり、

意匠的にそのような縦樋が付けにくい場合に 鎖樋

(くさりとい)というものを付けることがあります。

よく寺社仏閣など和風建築などで見かけると思いますが、

銅製で造られた花のような形だったり、ステンレス製の

リングを繋げたようなものまで色々と あります。

しかし、銅製だとデザインが和風だったり、ステンレス製の

リングだと目立ちませんが、 大雨の時には、周囲に雨が

飛び散ってしまい逆効果となったりします。

そんな中、今回設計監理した「旗竿地のコートハウス」に

おいて、意匠性も良くて機能性も兼ね備えた鎖樋は無い

ものかと探していましたら、ありました。

タニタハウジングウエアという会社の「ensui(エンスイ)

という製品です。

円錐状のカップが連なった鎖樋で、軽くて耐久性のある

ガルバリウム鋼板で出来て います。

K05

この鎖樋だとカップ状になっているため、大雨の際にも

雨水が周囲に飛び散らず下まで伝っていくので、機能的

かつ意匠的にも優れていて、連結部分の金具もカップと

同じ色なので目立ちません。

この住宅が竣工し、建て主さまのご厚意で開催させて

いただいたオープンハウス(見学会)の当日には、メーカー

さんのご協力で、会場にこの「エンスイ」のサンプルを置いて

もらいました。

P1290398

カラーも5種類揃っていて、今回この住宅では、一番右に

ある「ガンメタ」を採用しました。

雨の日に上から雨水が下へ伝っていくのを、お子さんたち

が興味深く見ている様子が 印象的でした。

K03

2016年4月13日 (水)

「旗竿地のコートハウス」(その2)バイク用ポール

2月下旬に竣工した「旗竿地のコートハウス」の説明において、

(その1)アプローチ」に続いて(その2)も同じく外構について

書きたいと思います。

今回設計監理しました「旗竿地のコートハウス」の道路からの

アプローチ奥の玄関軒下には、溶融亜鉛メッキ仕上げにされた

アルファベットの「A」に似たスチール製のパイプを鉄工所で製作

してもらい設置しました。

ちなみに太いスチールパイプ部分は、厚さ2.3ミリ、60.5φで、

細い部分は、厚さ2.3ミリ、32φです。

これは、ご主人が所有されているバイクの盗難防止用ポールで、

専用キーでロックします。

ベースプレートとアンカーボルトは、土間コンクリートの中に

埋め込まれているためとても強固で頑丈です。

また、スチールは錆びにくい溶融亜鉛メッキ仕上げになっています。

K04

2016年4月11日 (月)

「旗竿地のコートハウス」(その1)アプローチ

このブログ記事からしばらくは、今年の2月下旬に竣工しました

旗竿地のコートハウス」について書きたいと思います。

まずはじめに「旗竿地のコートハウス」では、敷地形状の特徴を

生かして玄関アプローチを長くし、あえて正面にはドアと開口部

(窓)を一切設けずに、突き当たりを直角に折れたところに玄関

ドアを設けました。

アプローチの正面に玄関ドアがあると、そこが玄関だということ

がすぐにわかってしまい、訪れる人が身構えてしまうだけでなく、

防犯上もあまりよろしくないと考えたからです。

また開口部(窓)を一切設けなくすることで、その内部空間が一体

どのようになっているのかということと、この平屋建ての向こう側が

どうなっているのかをわからなくさせるためでもあります。

K01

こうしたのには、私が京都で最も好きな建築のひとつである

大徳寺の塔頭、高桐院のアプローチ部分が少なからず影響

しています。

Koutouin02

上の写真にあるアプローチを進み、突き当たりを左へ

直角に曲がって門をくぐり、また突き当たりを今度は右に

直角に曲がると、下の写真にある素晴らしい光景が飛び

込んできます。

このために、あえて遠回りをさせるようにアプローチを直角

に曲げて距離を長くしています。

Koutouin01

2016年4月 7日 (木)

石神井川沿いの桜(その2)

天気予報のとおり、今日はあいにくの花散らしの雨。

そういうことで、昨日の昼休みにこの春最後の花見へ近所を

流れる石神井川の桜を見てきました。

前回のブログで書いた「石神井川沿いの桜」は、南田中団地から

西武池袋線の練馬高野台駅南側までの桜でしたが、今回はその

続きとなる練馬高野台駅北側の石神井川沿いの桜を見て来ました。

P1290964

川の両側には見事なソメイヨシノが枝の先まで咲いてます。

P1290965

川に沿う遊歩道を進むと、向こうの景色が見えないほど、

もう少しで両側の桜がくっ付きそうに咲いてます。

P1290967

このソメイヨシノの木は、太い幹からあらゆる方向に枝が

伸びていて圧巻です。

P1290968

石神井川に架かる橋には「桜見橋」というのもあり、ここから

の眺めはやはり素晴らしいです。

P1290979

P1290982

P1290989

帰りは、往きとは反対側の遊歩道を通りながら桜を見て

戻りました。

ちょうど練馬高野台駅すぐそばの西武線高架近くの

川沿いには、しだれ桜も何本か植えられていてこちらも

見事です。

P1290957

P1290958

なので、ソメイヨシノとしだれ桜とを一緒に一枚。

P1290995

2016年4月 6日 (水)

神田川の桜

先週の土曜日、学生時代に大変お世話になった方の

設計事務所が毎年行う花見の会にお邪魔してきました。

最寄駅は都電荒川線の早稲田駅ですが、私は東京メトロ

副都心線の雑司が谷駅で下車して歩いて向かいました。

あの唄で有名な「面影橋」からの眺めは素晴らしく、多くの

花見客が写真を撮っていました。

Kimg6768

Kimg6771

天気はあいにくの曇り空でしたが、ほぼ満開でした。

Kimg6770

川沿いの遊歩道を歩きながら、立ち止まってはソメイヨシノを

眺めて写真を撮りました。

Kimg6774

神田川に架けられた橋に立つと、両側からたくさんの花を

付けた枝が重たそうに水面に向かってお辞儀をしている

風景を見ることができます。

Kimg6773

そうこうしていると、目的地のお花見会場である設計事務所へ。

場所は、神田川の目の前。

川に沿った遊歩道に面したビルの1階なので、まさに特等席。

事務所全体がこの日はオープンテラス状態で、遮るものが何もなく

桜を眺められます。

中では、当時お世話になった方々と久しぶりに再会してお喋りを

しながら、美味しいお酒と料理をご馳走になりました。

毎年、このお花見会に招待していただき、神田川の桜を満喫する

ことが出来て嬉しい限りです。

Kimg6775

2016年4月 5日 (火)

石神井川沿いの桜

先週、東京のソメイヨシノも満開を迎えたので、事務所の近くを

流れる石神井川沿いの桜を昼休みにゆっくり見て来ました。

場所で言うと、南田中団地のあたりです。

P1290899

ここの桜は川の両側をこのように枝が川に向かって垂れ下がり、

まるでトンネルみたいに遊歩道を囲っているので、見事です。

P1290898

また、太い幹からも芽を出して咲いている花はとても

可愛らしく、愛おしくもあります。

P1290902

遊歩道から川のほうへ階段を下りると、見え方が変わって

また素晴らしいです。

P1290905

P1290907

P1290910

それにしてもこの枝ぶりは圧巻です。

P1290912

P1290918

とりわけこの写真は、幹のところからこんなにたくさんの

花が咲いていました。

P1290925

P1290926

南田中団地の南側を流れる石神井川沿いを西から東へ進み、

笹目通りを渡ると再びソメイヨシノが川沿いに並んでいます。

P1290930

ここも間近で見ることが出来るので、地元の人気スポットです。

P1290932

P1290938

P1290946

P1290948

この日は天気も良くて絶好のお花見日和だったので、

ちょっと長い昼休みでしたが、花見を満喫出来ました。

2016年4月 4日 (月)

石神井公園野球場の夜桜

私の地元、石神井公園には昼間のほかに夜桜を楽しめる

場所があります。

それは、石神井公園の三宝寺池側にある野球場の周りです。

毎日、この野球場の脇道を通って通勤していますが、野球場

の外野の周囲にはソメイヨシノが植えられています。

それでこの時期、日が暮れると野球場のナイター照明が点灯し、

ソメイヨシノがその明かりに照らされて、それは見事です。

Kimg6763

先週末は、ちょうど野球場では草野球のナイターをしていて、

野球をしながら夜桜も楽しめ、一方では、桜の木の下では

宴会を楽しみながら草野球を観戦出来て贅沢な場所です。

Kimg6762

ソメイヨシノの枝は、野球場のフェンスを越えて外野まで伸びて

いて圧巻です。

Kimg6765

Kimg6766

朝の出勤時に見る桜ももちろん素晴らしいですが、ライト

アップされた桜もやはり美しいものです。

2016年4月 1日 (金)

石神井公園の桜

東京もソメイヨシノが開花し、私の地元である石神井公園の

桜も綺麗に咲き出しました。

この時期は、私も毎朝自宅を少し早めに出て仕事場へ向かう

途中、石神井公園の桜を見て出勤しています。

まずは、三宝寺池側の公園内にある野球場の周りの桜。

P1290862

野球場の外野を囲むようにソメイヨシノが植えられています。

伸びた枝が球場内まで入り込んでいて迫力があります。

P1290859

この時期、日が暮れると野球場のナイター用照明が点灯されて

夜桜も楽しめます。

ここの桜を眺めたあとは坂を下り、公園の石神井池(私は昔から

ボート池と呼んでいますが)沿いの桜を。

P1290869

ソメイヨシノと水との組み合わせはやっぱり似合います。

P1290864

枝が池の水に向かってお辞儀をして水面すれすれまで伸びて、

反射して映ってます。

P1290867

この池沿いは、ソメイヨシノのほかに色々な花が楽しめます。

P1290873

柳も垂れた薄緑色の若葉が美しいです。

P1290881

また、この池沿いに建つ豪邸の樹木も見どころがあります。

P1290876

こちらは、桃でしょうか?

真っ青な空の色に映えます。

P1290884

P1290885

出勤時の慌しい短い時間でしたが、石神井公園の桜を

今年も堪能出来ました。

P1290886

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »