無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 「路面電車すごろく散歩」という本 | トップページ | 素敵な竣工写真集のプレゼント »

2016年3月12日 (土)

上野毛で見つけた風情のある家

このあいだ、大学の同じ研究室出身の先輩OBが設計された

住宅を拝見しに久しぶりに上野毛まで行ってきました。

地元の最寄駅から東京メトロ副都心線直通東急東横線に乗り、

自由が丘で乗り換えるとスムーズに行けます。

駅に降り立つと、道路の上を跨ぐようにアーチ状の屋根が架かり、

丸い穴が空いた駅舎が飛び込んできます。

言わずと知れた建築家、安藤忠雄による設計ですが、お世辞にも

良いとは思えません。(※個人の感想です。)

Kimg6438

そこから道幅の広い閑静な住宅地を歩いていると、やはり

世田谷区ということもあって一区画が大きく、立派な邸宅が

あちらこちらに見受けられます。

そしてまた歩いていると、全体的に土地の起伏があることに

気付きます。

ゆっくり先輩OBが設計された住宅を拝見したあとは、往きとは

違うルートを歩いて駅へ向かうことにしました。

その途中に、なんとも趣きのある落ち着いた雰囲気の木造住宅

を見つけました。

Kimg6442

周辺の住宅とは一線を画し、歴史を感じさせる姿です。

家だけでなく、植栽の手入れも行き届いています。

Kimg6441

なんと言っても玄関廻りが素敵で、木製ドアをはじめ照明器具や

庇を支える左右の袖壁、そしてこの大谷石の塀がいいです。

こういう建築に出逢えると、なんだかとても嬉しくなって得した気分

になります。

« 「路面電車すごろく散歩」という本 | トップページ | 素敵な竣工写真集のプレゼント »