無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

「小金井の家」塗装工事

建設中の現場「小金井の家」も大工工事が終わり、いよいよ

大詰め。

先日から、塗装工事と建具工事がはじまりました。

今回この住宅でこだわったのが、天井仕上げ。

1階のリビングは化粧根太を現しに、ダイニングと2階をラワン

ベニヤの目透かし貼りにして、亜麻仁油を主成分とする植物性

の自然塗料で塗装しました。

P1280354

P1280317

この濃い茶色は、事前に5色のカラーサンプルをメーカー

から取り寄せて、建て主さんと現場で比較検討して決定

しました。

Kimg5889

ラワンベニヤは安価な素材ですが、このように塗装すると

木目が引き立っていい感じになります。


2015年12月28日 (月)

テニス仲間と忘年会

少し前のことになってしまいますが、この前の土曜日は

テニス仲間との忘年会でした。

今回の場所は、吉祥寺にある「日本酒庵 吟の杜」。

ビルの地下にあって目立たない店ですが、忘年会シーズン

ということもあって満席。

私たちも9名ということで、もちろん予約を事前にしておきました。

この居酒屋は日本酒の種類が豊富とのことでしたが、意外に

若い女性客が多かったです。

まずは、生ビールで乾杯。

Kimg5954

Kimg5955

Kimg5956

歓談しながら料理とお酒がすすみましたが、注文したメニューが

運ばれるのに少し時間がかかったり、飲みたい日本酒が品切れ

だったのが、ちょっと残念。

Kimg5959

Kimg5958

Kimg5962

Kimg5961

でも魚がメインの料理はどれも美味しくてお酒に合い、

久しぶりに大勢が集まったので話は盛り上がりました。

一次会のあとは、近くのカラオケボックスへ移動し二次会。

年齢のせいか、ほとんどの曲が昭和で、懐かしいメロディと

歌詞のオンパレードでした。

今年は、思っていたほどコートが当選せず、テニスをする

機会が少なかったので、ぜひ来年はコートが取れるといいなぁ。








2015年12月24日 (木)

来年こそ、京都へ

結局、今年も京都へ行くことが出来ませんでした。

「今年こそは」と思いつつ、気が付けばもう師走。

もう二年以上、行けてません。

Kimg5892

ネットで京都本を買っては、訪れたい場所をリサーチして

下調べは十分しているので、いつでも行ける準備は出来て

ますが・・・。

先日、書店で目にした雑誌のタイトル「ひとり、京都。」は

まさに私にぴったりの雑誌の特集でした。

Kimg5996

中身を見ても、私が訪れたいところがちょうど載っていたり、

ますます京都へ行きたくなりました。

来年こそは、早めにスケジュールをたてて京都へ行きたい

と思います。

早めに決めないと、宿泊施設があっという間に埋まってしまう

ので。


2015年12月21日 (月)

大学時代の友人と忘年会

先日、私と同じく自身で設計事務所を構えていいて、同じ

大学の研究室だった友人と忘年会をしました。

場所は私の地元、練馬区上石神井で何度か訪れたことが

ある居酒屋「いろは」。

実はこのあいだ、BS-TBSで毎週月曜日の夜9時から

放送されている「吉田類の酒場放浪記」で吉田類が訪れました。

Kimg5943

放送されたあとと忘年会シーズンということもあってか早目の

時間でしたが、座敷席は予約が入っていてカウンター席も

私たち二人でちょうど満席になりました。

テレビの影響(吉田類の人気)はやはり凄いです。

幸運にもカウンター席の真ん前に吉田類のサインが飾って

ありました。

Kimg5939


Kimg5940


Kimg5941

まずは、イカの丸焼きと串焼きを注文。

久しぶりの再会を祝して生ビールで乾杯。

お互いの近況報告とこれからの設計事務所について

少し内容の濃い話をしました。

Kimg5942

ビールのあとは、お互いに日本酒を。

品揃えの多い居酒屋でしたが、今回はお気に入りのお酒が

残念ながら品切れでした。

Kimg5944


Kimg5945

予約席だった座敷席にお客さんが雪崩れ込み、店内は

賑やかになる中で私たち二人は今後の住宅業界について

冷酒を飲みながらしばらく熱く話し合いました。

2015年12月18日 (金)

「小金井の家」大工工事が終了

現在建設中の「小金井の家」の現場も大工工事が終了

しました。

若い棟梁が黙々とおひとりで手際よくかつ丁寧に作業を

おこない、綺麗に仕上がりました。

Kimg5884

石膏ボードが貼られた下地壁は、このあとビス穴とボードの

継ぎ目をパテで埋めて平らにしたあとクロスを貼り、一方天井

のラワンベニヤは、このあと塗装します。

Kimg5970

階段部分は少々大変だったようですが、しっかりと頑丈に

そして綺麗に出来ました。

このあと手摺を付け、塗装をします。

P1280222

今回は造り付け収納をはじめ、洗面化粧台も大工さんに

製作していただきました。

下部の扉は、建具業者に製作していただきます。

2015年12月16日 (水)

石神井公園駅前のイチョウ

なんだか今年は暖冬のようで、カエデやイチョウの

色付くのが少し遅い気がします。

私の仕事場の最寄駅である石神井公園駅前に鎮座

する立派なイチョウもようやく黄色くなりました。

Kimg5987

駅舎と駅前周辺は昔とだいぶ変わってしまいましたが、

このイチョウの樹だけはずっと昔のままで、どっしりと

構えて地元区民を見守っているように見えます。

2015年12月14日 (月)

親戚家族とランチ

このあいだの休日、私たち家族と親戚家族と一緒に

お墓参りをしたあと、地元の大泉町にあるリストランテ

「La 毛利」で一緒に食事をしました。

ここのお店はみんな大好きで、特に自家製のパンが

美味しく、今年の夏に亡くなった祖母もここのパンを

好んでいました。

Kimg5874

この日は天気も良く、テーブル席からはのどかな畑が

見えました。

Kimg5875

この畑で収穫された野菜をはじめ、こちらでスモークされた

チーズとハム、カルパッチョをはじめにいただきました。

Kimg5876

次のパスタ料理も、メインの肉料理もボリュームがあって

美味しかったです。

Kimg5877

最後にいただいたスイーツ、自家製プリンも濃厚で

カラメルのほろ苦さがちょうど良かったです。

久しぶりに訪れた「La 毛利」で親戚と一緒にゆったり

ランチを楽しみ、有意義なひとときでした。

Kimg5878

2015年12月 9日 (水)

現場監理へ行く道すがら

現在、建設中の「小金井の家」の現場監理へ毎週自転車で

行っています。

その道すがら、毎回紅葉を見るのが楽しみのひとつでも

あります。

Kimg5759

ここは、武蔵野市の五日市街道沿いの千川上水で、

これと並行している道路を自転車で毎回通りますが、

並木道でとても気持ちがいいんです。

私のお気に入りポイントでもあります。

さらに現場近くにある某大学キャンパスに植えられて

いる銀杏の樹も立派で、黄色く色づて真っ青な空との

コンストラストが素敵です。

Kimg5896

また、現場の裏手にある公園には、色鮮やかなモミジが

あり、陽の光に照らされて美しいです。

Kimg5902

ゆっくり眺めるというわけではないけれど、ちょっとした

時間でも紅葉が楽しめるのも自転車に乗って行ける

現場だからこそなんです。




2015年12月 7日 (月)

「小金井の家」階段工事

建設中の「小金井の家」の現場も大工工事が大詰め。

棟梁により、階段が製作されています。

今回の住宅ではこの階段も少しこだわり、踏み板と

蹴込み板ともラワン合板の厚さ30ミリで統一しました。

Kimg5899

階段下は、収納とちょっとしたパソコンコーナーになって

います。

廻り階段で、しかも途中からは力桁だけで支えるように

なっているので製作が少し難しいですが、棟梁は丁寧

かつ綺麗に造って頂いてます。

ちょうど、階段の製作中の現場に建て主さんがいらして

感動されていました。

Kimg5906

このラワン合板の小口断面は薄い板の層になっていて

バームクーヘンのように見えて綺麗です。

仕上げは、濃い茶色系の自然塗料を塗ります。

2015年12月 3日 (木)

鉄道シリーズ記念切手

この前、用事があって近所の郵便局へ行った際に、気になる

記念切手を見つけました。

それが「鉄道シリーズ」。

鉄道好きな私は、迷うことなく1シートを購入しました。

<第3集>とあったので、もう第1,2集は既に発売済で、

その郵便局には残念ながら売り切れでありませんでした。

Kimg5725

ところが先日、私が鉄道好きだということを知っていた地元

の友人がたまたま別の郵便局へ行った際に聞いてみて

くれたら、なんとまだ<第2集>の記念切手シートがあると

いう情報を教えてくれました。

そこで昨日、その郵便局へ行ってみたらまだありました。

Kimg5891

1シート購入しました。感激です!

教えてくれた友人、どうもありがとう。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »