無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

テニス仲間と暑気払い

先週の土曜日、いつも一緒にテニスを楽しんでいる

仲間たちと暑気払いという名のもと、飲み会をしました。

地元、西武新宿線上石神井駅南口からすぐの場所にある

「やまいち」という居酒屋で、ランチタイムの日替わり定食

が有名なお店です。

メンバー9名が集まるのは久しぶりで、盛り上がりました。

まずは、生ビールで乾杯。

最初に出された魚と貝の煮付けは、写真を撮るのを失念。

大きなエビフライはひとり一尾、串カツが隠れるほど。

揚げ物なので、生ビールのあとはハイボールを。

Kimg5308

刺身の盛り合わせも新鮮でボリューム十分。

こうなると、やはりお酒は日本酒へ。

Kimg5307

しばらくお酒を飲みながら歓談していると、〆の料理は、

なんと鱧の湯引き。

梅肉との相性は言うこと無し。

まさか、東京の地元で鱧料理が頂けるなんて驚きました。

Kimg5315

もちろん、このあとは二次会、三次会へと暑気払いは

日付をまたいで続きました。

2015年8月24日 (月)

上井草界隈を散策

このあいだの休日、事務所からすぐ近くの上井草界隈を

散策しました。

今回は西武新宿線上井草駅の南側を主に歩きましたが、

私が小学生の頃には既にあった上井草給水所は、外壁が

煉瓦で構造体である鉄筋コンクリート造の梁が現しになって

いてしかもスリット状の窓まである重厚な給水所建築は、同様

の施設としては、なかなかモダンで凝った意匠となっています。

Kimg5276

Kimg5279

ですから、私が建築を学ぶようになってからこの給水所は、

身近にあるお気に入りの建造物でしたが、フェンスに近寄って

みると「建築計画」という看板が貼ってありました。

このことは、要するに現在あるこの建造物を解体して、新たに

建て替えることを意味していました。

耐震性や老朽化がおそらく建て替えの理由だと想像できますが、

残念です。

この給水所の向かいには、杉並区立上井草スポーツセンターが

あるのですが、この施設に沿った歩道がユニークで、私は個人的

に好きです。

Kimg5287

高い塀というか壁なのですが、垂直ではなく大きな弧の

一部を描いたように反っているのです。

またここから少し離れた場所には、コンクリート打ち放し

の変わった意匠による某大手民間企業の社宅があります。

Kimg5285


Kimg5282

敷地も広く、社宅の規模としても大きな部類に入ると

思いますが、今どきこういうタイプの社宅が残っていて

使われていることに少々驚きました。

一企業がある程度の規模の社宅を所有し、維持管理を

するということはコストがかかるので、むしろ貴重です。

ここから再び駅方面に行き、カフェでひと休みしました。

そのカフェは「SLOPE」でバス通り沿いにあります。

Kimg5272

注文したアイスのカフェラテがとても美味しく、店内の

インテリアは白を基調としたシンプルモダンな感じで

落ち着けました。

大した時間ではありませんでしたが、近所を歩くだけでも

新たな発見があって面白かったです。

2015年8月21日 (金)

北総の小江戸、佐原を散策(その3)

古民家カフェでフワフワのかき氷を食べたあと、佐原の

メイン通りを歩いていくと、立派な蔵をはじめ趣きのある

建造物がたくさんありました。

Kimg5178

歴史のある街にはこのような素晴らしい洋館も多く残って

います。

Kimg5211


Kimg5212

瓦屋根の重厚なつくりの蔵の数々。

P1260342_3

格子窓もとても繊細で美しいです。

P1260352

P1260359

P1260372


P1260406

そしてメイン通りと交差するように小野川があり、柳の木が

なんともいえない風情を醸し出しています。

P1260319

屋形船で遊覧することもできます。

P1260349

川沿いを歩いていると、やはり涼しく感じます。

P1260363

川が蛇行しているので、歩いていると風景の見え方も

変わってきます。

P1260367

柳越しに見える建物もまたいいものです。

P1260378

川面の近くから見上げる風景も素敵です。

P1260382

P1260385

P1260449

P1260456

これだけの歴史のある建造物を維持管理していくことは

なかなか大変なことで、地域の方々の地道な努力でここまで

出来ているのだろうと思いました。

北総の小江戸、佐原は水郷と呼ばれるだけあって利根川

の支流である小野川が昔から街の中心であり、見どころも

一杯でした。

























2015年8月19日 (水)

「小金井の家」根切り、地業工事

先月の下旬から工事がはじまった小金井の家。

8月に入って根切り工事を行い、本日は砂利を敷いて

転圧をしっかりして固く締めたあと、地中の湿気が上がら

ないように全面に防湿シートを敷く工事が行われました。

P1260554

このあとは、捨てコンクリート打ちを行います。

ちなみに捨てコンクリートの役割は、地中梁と耐圧版

と呼ばれる基礎の下端レベルを一定にして鉄筋のかぶり

厚さを確保すると同時に、配筋の基準となる墨を打つため

のベースとなることです。

2015年8月18日 (火)

北総の小江戸、佐原を散策(その2)

諏訪神社から東薫酒造を見学して、蔵の街並みへと入って

行きました。

Kimg5142

板張りの蔵もなかなか美しいです。

Kimg5144

今どき珍しい土管型のポストですが、ここ佐原にはまだ

現役でいくつもあります。

Kimg5145

こういう焼き物の案内地図も素敵です。

P1260261

P1260260

メイン通りの建造物を見ながら歩いていると、「氷」という

暖簾がなびいているのを発見。

古民家をリノベートしたカフェがありました。

お店の名前は「いなえ」。

P1260278_2

外から見ると、なにやら気になる庭が。

間口が狭く、奥行きが長くて坪庭のある京町家のような

雰囲気でした。

入ってみると、素晴らしい空間でした。

P1260286


P1260287

既存の立派な構造材を出来る限り残しつつ、補強して

新たな意匠を加えた内装でした。

Kimg5163

この素敵な空間で頂いたのが、フワフワの氷にミルクと

ブラックベリーがのったかき氷。

最初この山盛りに驚きましたが、全然頭がキーンとならず

残らず平らげました。

Kimg5160

中庭も素晴らしく、しばらく眺めていました。

P1260281


P1260283_2


P1260293

暫しこのカフェで暑さを凌いだあとは、小野川沿いの街並みを

見に向かいました。

その模様は次回へつづく。









2015年8月17日 (月)

北総の小江戸、佐原を散策(その1)

先週の土曜日、千葉県の佐原へ行ってきました。

佐原は北総の小江戸と呼ばれていて、昔の面影

を残す風景や建造物が現在も見ることが出来ます。

自宅から西武池袋線、山手線、京成線と乗り継ぎ、

京成成田駅で下車し、JR成田駅まで少し歩き、

JR成田線に乗り換えて最寄駅の佐原駅で下ります。

P1260203


P1260205

JR佐原駅はとても趣きがあり、瓦葺きの切妻屋根に

格子戸がなんだか駅舎らしからぬ姿でした。

P1260211

木製板の駅看板と暖簾がなんとも風情があります。

P1260210

駅構内にある案内所で観光マップを入手して、いざ散策へ。

まず向かったのは、諏訪神社。

P1260214

鳥居をくぐり、参道へ。

P1260218

緑が生い茂っていて参道も長いです。

近くの電柱を見ると、この辺りの番地は通常の数字では

なくてイ、ロ、ハのようです。

P1260217

参道を進むと、長い階段が目に飛び込んできました。

P1260220

途中まで上ると、さらに階段が。

P1260223

なかなかの急勾配で段数もありました。

P1260226

登り切って振り向くとその高低差を実感できますが、

しんどかったです。

P1260229

P1260237

お社は立派で、傍には御神木と思われる幹と根っこが

凄い大樹が鎮座してました。

P1260234

今日の散策が無事でありますように参拝をして、再び

急で長い階段を下りました。

そのあと、近くの公園にあるこの佐原にゆかりのある

偉人、伊能忠敬の銅像を。

P1260240

このあとは、佐原の蔵元東薫酒造へ向かい、蔵の見学と

お酒の試飲をさせていただきました。

P1260243

散策のつづきは、次回へ。













2015年8月13日 (木)

素敵なグラス

先日、私の仕事場からすぐ近くの場所あるギャラリー

knulpAA gallery」で、地元の大泉学園に工房を構える

ガラス作家、貴島雄太朗さんの個展が開かれていて

行ってきました。

ご本人がいらっしゃったので、展示作品についてや

ガラスについていろいろと話を伺いました。

その中で私が気に入って購入したのが、こちらの

グラス。

Kimg5122

一点一点かたちが異なった何点か展示されていた中で、

このかたちがしっくりしていました。

ガラスという素材は、私の仕事である建築設計において

不可欠な建材でもあり、日常の生活でもガラス製品は

よく使う最も身近なものです。

ですが、こういうグラスをはじめ展示されている他の作品

を拝見して、ガラスという素材の面白さと奥深さを感じる

ことが出来ました。

購入したこのグラスで焼酎や泡盛を飲んでみようと思います。

2015年8月10日 (月)

行田の蔵で夕食

先週の猛暑日に訪れた行田と熊谷。

素晴らしい建造物で豪華なランチ、そして古民家の

カフェでコーヒーとスウィーツを頂いて、この日の夕食は

これまた素敵な空間で頂きました。

蔵をリノベートした「あんど」という蕎麦と創作料理のお店。

P1260193

真っ白な漆喰壁と瓦屋根、黒く塗装された庇、そして

外部床の大谷石とがとてもマッチした外観でした。
Kimg5092

Kimg5095

ワクワクしながら店内に入ると、また素晴らしい。

P1260195

柱と梁といった構造材はそのまま残し、補強材として

挿入された木材も主張せずにバランスよく納まって

いました。

一部を吹き抜けにしているので、空間が広くゆったり

感じられました。

Kimg5097


P1260197

案内された2階のテーブル席も落ち着いた空間で、

1階が見下ろせました。

Kimg5100

ビールと日本酒を飲みながら美味しい料理とつまみを

頂きました。

P1260200


P1260199


P1260201

どれも美味しかったのですが、特に鴨肉のローストが

絶品でした。

猛暑の行田と熊谷でしたが、美味しいものがたくさん

頂けたので、大満足の一日でした。




2015年8月 7日 (金)

行田の古民家カフェ

猛暑の中ではじまった行田・熊谷散策。

まず「彩々亭」で豪華な昼食をしたあとは、車で移動して

高澤記念館」という国登録有形文化財に指定されている

趣きのある古民家のカフェへ行きました。

移動中の車内はクーラーが効いて涼しかったけれど、車を

止めて車外へ出るとクラクラするほどの暑さでした。

Kimg5083

門をくぐり、庭の中を抜けて古民家の中へ入ると別世界。

P1260187_2

はじめて来たのになんだか懐かしい雰囲気。

外の明るさと内の暗さの対比がなんとも言えずいい。

P1260190


P1260189

土間で靴を脱いで、奥のテーブル席へ座ると、今通って

きた庭と門が眺められました。

Kimg5087

4種類あるスウィーツから私が選んだのは、一番下の

ショコラミントムース。

私はムース系のスウィーツが大好きで、ミントのムース

がなんとも夏らしい感じがしました。

Kimg5088

暑かったですが、あえてホットコーヒーとともにこの

ムースを頂きましたが、スーっとするミントとチョコの

ムースはとても合っていて美味しかったです。

居心地のいい空間でコーヒーとスウィーツを頂いて、

暫し暑さを忘れて避暑地に来た気分でした。

2015年8月 5日 (水)

行田の足袋御殿でランチ

先週の土曜日、熊谷で設計事務所をしている友人に

行田と熊谷を案内してもらいました。

この日も相変わらずの猛暑。

わざわざこんな暑い日にとりわけ暑くて有名な街へ

行かなくても、とお思いになるかも知れませんが、

春に訪れる予定がこの時期までずれてしまいました。

もちろん移動は車、友人の運転です。

まず昼食を兼ねて向かったのが、「彩々亭」という

懐石料理のお店。

P1260184

立派な建物と広大な庭園は、元々は地元行田で

有名な足袋で財を成した方の邸宅だったものを

懐石料理店として現在利用されているいわゆる

「足袋御殿」で、国の有形文化財にも指定されて

います。

P1260181


Kimg5079

Kimg5080

当時の豪邸は、和洋折衷の建築がステータスだった

ようで、細部にも凝ったデザインになっていました。

P1260178

入り口のドアノブも階段廻りも洒落てます。

P1260177

畳敷きの和室と椅子の洋室があり、私たち4人が

案内された部屋は洋室で、照明器具もマントルピース

も当時のまま。

P1260171


P1260174

料理が運ばれるまでの時間、じっくり建物を鑑賞して

廻りました。

Kimg5073

頂いたのは旬の鱧をはじめとする豪華な料理の数々で、

ランチとしては贅沢すぎましたが、この素晴らしい空間で

食す料理はより一層美味しかったです。

2015年8月 3日 (月)

魚料理三昧

先日、中学校の同級生ら6人と久しぶりに吉祥寺で

飲みました。

お店は、吉祥寺に詳しいひとりが予約していた「魚金」。

私ははじめてのお店だったが、ここが凄かった。

生ビールで乾杯したあと、まず出てきたのがこれ。

数え切れないほどの種類の魚介類の盛り合わせ。

圧倒されました。

Kimg5037

生牡蠣をはじめ、蟹、伊勢海老、雲丹をはじめどれも

美味しく、生ビールを飲み干してすかさず日本酒へ。

Kimg5034

続いて出されたのは、大好きな鯖寿司と鯵のサンド。

鯖寿司は肉厚で脂ものっていて美味しく、はじめて

食べる鯵サンドもトーストと鯵が意外に合っていて

絶品でした。

Kimg5038

ジャコが一杯のったサラダもトウモロコシのかき揚げも

美味しかったです。

Kimg5040

お喋りも弾み、食べて飲んたあとの〆は、なんと鍋。

しかも鮪鍋。

刺身でも十分美味しい部分を生姜の利いた甘めの

割り下へのせて、たっぷりのネギと頂くとこれまた

美味しかった。

Kimg5041

これだけの種類の魚介類と料理を食べたらさすがに

お腹は一杯。とても満足でした。


« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »