無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 地元の絶品洋食 | トップページ | 地元カフェのランチ »

2015年6月 3日 (水)

屋根と外壁の改修工事

私の設計事務所がある練馬区のお隣、板橋区にある

築25年以上が経つ木造二階建て住宅で、先月から

屋根の葺き替え、雨樋の交換、そして外壁の塗り替え、

いわゆる外装改修工事がおこなわれ、つい昨日無事に

工事が終了し、私はその工事監理をしました。

023_2

既存の屋根は、コロニアル(カラーベスト)という名称の建材に

よるスレート葺きで、住宅の屋根材としては広く普及している

ものでした。

当初、この既存の屋根材を撤去してガルバリウム鋼板という

金属板で葺き替える予定でした。

しかし、昔に生産された屋根材のコロニアル(カラーベスト)

には有害物質のアスベストが含まれており、通常の建材と

比べて撤去処分費用が別途多くかかるので、既存屋根には

手を加えず新たにこの上からガルバリウム鋼板を葺く工法に

変更しました。

Kimg4808

ガルバリウム鋼板は、重量が軽くコロニアル(カラーベスト)

と比べて耐久性があり、遮熱性能の高い塗装色により断熱

性能も高まります。

これに合わせて、雨樋も塩化ビニル製のものからガルバリウム

鋼板製へ交換しました。

Kimg4796

外壁も高耐候性の塗料で塗り替えました。

これらの外部周りの改修工事は足場を設置するケースが

ほとんどですが、この足場設置費用が意外と高いので、

今回のように屋根、外壁などを一度に工事を行うほうが良い

と思います。

また、改修工事の時期も気候が安定し、梅雨に入る前の

春先がいいでしょう。

« 地元の絶品洋食 | トップページ | 地元カフェのランチ »