無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 近くを流れる石神井川沿いの桜 | トップページ | 地元、石神井界隈の桜を満喫 »

2015年4月 1日 (水)

「小金井の家」構造フレーム

設計も大詰めの「小金井の家」はL字型のコートハウス、

つまり中庭のある住宅です。

構造は木造の軸組在来工法で、外壁面には厚さ9ミリの

構造用合板を貼り、2階床面と屋根面には厚さ24ミリの

ネダノンと呼ばれる構造用合板を貼ります。

2階建て部分は切妻屋根(三角屋根)で、平屋建て部分は

片流れ屋根となっています。

Photo

この住宅での試みとして、1階リビングの天井を高くする

ために根太を455ミリピッチに並べてそれらを現しとして

構造体を露出してます。

Photo_2

また、2階部分の天井は切妻屋根の勾配をそのまま

室内に反映させて勾配天井となっています。

床のレベルを変えて空間にリズム感と奥行き感を与える

ことも出来ますが、この住宅では床はフラットにする一方

天井高さを変えたり、天井の仕上げ材を変えることにより、

空間にリズム感と奥行き感を与えています。

« 近くを流れる石神井川沿いの桜 | トップページ | 地元、石神井界隈の桜を満喫 »