無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 「小金井の家」プレゼンテーション | トップページ | 懐かしい生姜焼き定食 »

2014年11月 7日 (金)

芸術の秋ということで

この前の連休中、日本橋にある三井記念美術館

「東山御物の美<足利将軍家の至宝>」展を見に

行ってきました。

再開発された日本橋室町の一角に建つビルの7階に

この美術館はあります。

Kimg3693

民間資本しかも旧財閥系の美術館は通常の公共

美術館とはやはり趣きが異なる雰囲気がしました。


Kimg3692

Kimg3694

エレベーターもレトロさを再現して、こだわりを感じます。


Kimg3700

書庫の扉は銀行の金庫を彷彿させる重厚なものでした。


Kimg3698

室町時代の三代将軍義満以降の掛け軸をはじめ

茶道や香道の数々の道具が展示してありました。

当時、貿易で交流のあった中国からの影響を受けて

いる印象を持った一方で、日本独特の「美」というか

繊細さがわかりました。

昔、歴史の教科書で見た足利義満の肖像画の本物が

掛け軸として展示されていて、それを間近で見られた

ことも良かったです。

« 「小金井の家」プレゼンテーション | トップページ | 懐かしい生姜焼き定食 »