無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月25日 (水)

有意義な見学会

先週の火曜日、杉並区立大宮前体育館を見学してきました。

体育館といってもプールやスポーツジムもあるので、総合

スポーツ施設と言ったほうがいいかも知れません。

P1240480

今回の見学会は、この体育館を設計された建築家、青木淳さん

ご本人による全体の説明と、現場を担当した所員による案内と

詳細な説明がありました。

P1240487

体育館というと天井が高いので、ボリュームが大きいという

イメージがありますが、この体育館は二層分が地下になって

いています。

P1240465

しかも形状が楕円形の建物がふたつに分かれていて地下で

繋がっています。

P1240445

この周辺は閑静な住宅地であるため景観を配慮したそうです。

またここの土地には元々小学校があり、当時からあった四本の

銀杏の木を残すようにプランが練られて配置されているとのこと。

通常の公共施設ならば必ず設けるであろう塀やフェンスなどが

敷地境界にはなく、24時間敷地内を通ることが可能というのも

斬新でした。

2時間たっぷり、設計監理した当事者から施設内の案内と説明は

たいへん有意義で、いくつか質問も出来て貴重な体験でした。

2014年6月20日 (金)

棟梁と一年ぶりの再会

今週、「中庭を挟んだ二世帯住宅」を訪れました。

先月おこなった一年点検で見つかった補修箇所と新たに

建て主さまから依頼のあった追加工事の監理をするため

でした。

現場を担当した建設会社の監督と棟梁と私の3人がこの日、

一年ぶりに顔を合わせることが出来ました。

一年とはあっという間で、建設中が懐かしく感じました。

建て主さまも交えての会話も楽しかったです。

大きな工事ではないので半日で終わりましたが、こうして

工事期間中に最も長く現場で作業をされた棟梁も一年ぶりに

訪れて建て主さまが生活されている姿や、家具などの

インテリア、そして植栽などが見られて良かったのでは

ないでしょうか。

建て主と建設担当者と設計監理者とが住まいを引き渡した

あとも関係が続いていくことは、素敵なことだと思います。

Kimg3077

2014年6月16日 (月)

耐久性のある障子紙

和室といってまず思い浮かぶものは、やはり畳でしょう。

そのほかに、和室に欠かせないものと言えば、障子と

襖(ふすま)でしょうか?

障子にはもちろん障子紙として和紙を張り、年末になると

大掃除と一緒に障子紙を張り替えるご家庭も多いことと

思います。

もちろん、私も若い頃は障子紙の張替えを手伝っていました。

しかし、現在ではその張替えもしなくなりました。というより

する必要がなくなりました。

それは、耐久性のある素材にしたからです。

「ワーロンシート」と呼ばれるもので、和紙を塩化ビニルで

サンドイッチしているため破れにくく、水に濡れても平気で、

和紙も柄や模様、色も豊富にあります。

P1230441

□「谷原の家」の和室

建て主さまとの打ち合わせでは、通常の和紙とこのワーロン

シートのいずれかをサンプルをお見せした上で決めて

もらっています。

このワーロンシートを選択されるのは、小さなお子様が

おられたり、ご年配の建て主さまが多いです。

P1140353a

□「石神井台の家」の和室

パッと見ただけでは、通常の和紙との違いはわかりません。

もちろん、通常の和紙のほうが味わいもあり、肌触りや

質感もいいですが、ワーロンシートという耐久性のある素材も

あるということで、選択の幅が広がるのではないでしょうか。

2014年6月13日 (金)

大好きなバームクーヘン

私は小さい頃からバームクーヘンが大好きで、今まで

いろいろなお店のバームクーヘンを食べてきました。

そんな中、先日ある方から頂いたバームクーヘンは

初めてだったのですが、これがメチャクチャ美味しかった

のです。

そのお店とは、東急東横線の学芸大学駅からすぐの

ところにある「マッターホーン」という名前の洋菓子店。

Kimg3061

スライスにカットされた2つ入りのバームクーヘンで、

厚さが薄いのに、しっとりしていて食べ応えがありました。

お店のホームページを見ると、ここのバームクーヘンは

とても有名らしかったが、私は全然知りませんでした。

東急東横線は私の地元を通る西武池袋線と相互乗り入れ

しているので、近いうちお店へ行ってみたいと思います。

2014年6月 6日 (金)

都電荒川線に乗って(その2)

今回は都電荒川線の駅を何度も途中下車するので、

お得な一日乗車券(400円)を購入しました。

目白界隈を散策して再び早稲田駅から都電に乗って

今度は鬼子母神で下車。

Kimg3024

緑が生い茂った木陰の参道に入ると、急に空気がひんやり

します。

P1240397

P1240396

社はもちろん、樹齢を感じさせるいくつもの大木から

歴史を再認識できます。

P1240405

再び、都電「鬼子母神駅」へ戻り、次に向かったのは「庚申塚駅」。

この駅のホームの真ん前には甘味処があります。

Kimg3032

ちょうど昼食時だったので、ここでおはぎと抹茶ところてんの

セットを頂きました。

Kimg3029

しばしこのお店で暑さをしのぎながら、目の前を通る都電を

何本か見送った後は、再び都電で「王子駅前」へ。

P1240411

私が路面電車の好きなところは、やはり道路上を自動車と

併走するからで、この写真はちょうど飛鳥山からの歩道橋

から撮りました。

P1240417_2

飛鳥山を散策したあと、再び都電に乗って終点の「三ノ輪橋」へ。

レトロな雰囲気を醸し出す懐かしい看板の数々が。

P1240415

こんな認定があるなんて知りませんでした。

P1240416

こんな素敵な浮世絵のタイルも。

P1240419

三ノ輪橋駅前には、線路と並行して昔ながらの商店街があり、

ここを進むとひと駅先の「荒川一中前」へ着きます。

P1240427

商店街のジョイフル三ノ輪を散策して、また都電に乗車。

「荒川車庫前」で下車して、昔に活躍した古い車輌を見学して

都電荒川線に乗っての散策は終了。

P1240429

P1240431

一日でたくさんの種類の車輌に乗ることが出来ました。

P1240433


P1240423

P1240421





2014年6月 4日 (水)

都電荒川線に乗って(その1)

先週の休日、久し振りに都営荒川線に乗ってきました。

まずJR大塚駅から早稲田駅まで行き、近所を散策開始。

P1240370

神田川沿いは新緑で綺麗でした。

P1240372

少し歩いて、「胸突坂(むなつきざか)」へ。

P1240391

石碑のそばにはこのように坂の説明が書かれたプレートが

あるので、これを読むのも楽しいです。

P1240392

目の前には名前の通り、急な坂が。

P1240389

勾配も距離もあり、息を切らせて一気に登りきりました。

振り返ると、この坂道の凄さがわかります。

P1240388

登りきった道を進むと、右側には趣のあるお屋敷と蔵が。

P1240385

この近辺も幹線道路から少し入ると、このような歴史のある

建物が現在も残っています。

P1240383

目白通りに出て目白駅方面へしばらく歩くと、左手に今度は

「富士見坂」があります。

P1240376

名前の通りここから富士山が見えたのでしょうが、今でも

見えるのでしょうか?

P1240377

それにしてもここもなかなかの勾配でしかもこれだけの

直線距離の坂道も珍しいのではないでしょうか。

坂道を下ると、これまた立派な蔵と塀が目に飛び込んで

きます。

P1240374

再び、都営荒川線の早稲田駅まで歩き、今度は鬼子母神へ

向かいました。

次回へつづく。











« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »