無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 建築家、村野藤吾の名建築を見学 | トップページ | 都電荒川線に乗って(その1) »

2014年5月28日 (水)

建物の維持管理と改修工事

先週から私の事務所が入っているマンションの外周部分に

足場が組まれて養生ネットが掛けられました。

Kimg2986

そしてポストには、外壁や屋根、バルコニーなど外部周り

の改修工事のお知らせと工事期間中のスケジュール表が

投函されていて、来月末まで工事が行われるとのことでした。

このマンションは賃貸なので、所有者であるオーナーさんが

維持管理をされています。

外部周りの改修工事の場合、建物全体を足場で囲う必要

があり、この足場の設置費用が大きな割合を占めるため、

オーナーさんは、日頃から改修費用を積み立てているので

しょう。

これが一戸建て住宅ですと、維持管理をするのは住まい手で

ある所有者本人となります。

私は主に住宅の設計監理をしているので、竣工して建て主様へ

引渡しをする際に、維持管理の手引書とメンテナンスの時期を

記した書類などをお渡ししています。

特に、賃貸の住居から一戸建てへ住み替える建て主様へは、

この維持管理について丁寧に説明しています。

もちろんこの書類は、新築に限らずリフォームやリノベーション

の場合も同様にお渡ししています。

分譲マンションにお住まいの方は、管理費と修繕積立金を毎月

支払って、管理組合が適切な時期に改修工事を行う仕組みに

なっていますが、一戸建て住宅の場合管理者が住み手ご本人

であるので、毎月少額ずつ積み立てをして将来の改修工事に

備えなければなりません。

日頃のメンテナンスをきちんしている家とそうでない家とは、

雲泥の差が出てきてしまいます。

ここ最近、異常気象で大雨や大雪が降ったりして、普段なかなか

気付かない屋根や雨樋、庇などが損傷するケースも増えてきて

います。

やはり自分達の住まいの外周部を定期的にゆっくり見て確認する

ことが大切だと思います。

建物も人間の身体と同様、「ちょっとおかしいな。」と気付いた時の

早目の対応と処置が重要なのです。

 

« 建築家、村野藤吾の名建築を見学 | トップページ | 都電荒川線に乗って(その1) »