無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 設計監理料と不動産仲介手数料 | トップページ | 都市型のコンパクトなコートハウス »

2013年11月12日 (火)

円形ガラスブロックが廃番に

今年、竣工した「高松のコートハウス」では、建て主様の要望で

玄関に正方形のガラスブロックを使いました。

Takamatsu0b

二世帯住宅なので、各玄関にそれぞれ1個のガラスブロック

を配置しました。

ちなみに内部はこうなっています。

Takamatsu0k

想像していた以上に光が差し込み、アクセントとしても

効果的でした。

P1210222

ガラス部分も写真の「カスミ」のほか、乳白色など数種類

あります。

今回は、一般的によく見かける正方形のガラスブロック

でしたが、「オプト」という円形タイプも以前はありました。

実は先日、ガラスブロックについて調べたいことがあって

ガラスブロックを扱っている「電気硝子建材」というメーカー

のウェブサイトにアクセスしてみたら、円形タイプが見当たら

ないので、電話で問い合わせをして聞いてみました。

すると、140φの円形ガラスブロック「オプト」は1年以上前

に廃番となっていました。

小さいサイズの80φタイプも在庫限りだと言われ、理由を

聞いてみると、需要が少なく生産コストも正方形のものより

高いということでした。

円形のガラスブロックは、私が独立してはじめてに設計した

住宅「いわきのコートハウス」で使用した建材で、とても思い

入れがありました。

Iwaki2

この住宅がちょうど21世紀最初の年である2001年の完成

だったので、円形ガラスブロックを21個配列しました。

夜になるとガラスブロックから漏れる明かりが綺麗で、建て主

さんにも喜んでいただけました。

積み上げることで壁面全体をガラスブロックにすることが可能

な正方形タイプと異なり、円形タイプでは積み上げることが出来

ないことで、需要が少なく廃番となった大きな理由だったと思い

ます。

しかし、自分自身が気に入って採用した建材が廃番となるのは、

さびしい限りです。

せめて受注生産でもいいから残してもらいたかったですね。

« 設計監理料と不動産仲介手数料 | トップページ | 都市型のコンパクトなコートハウス »