無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 奥様のこだわりキッチン | トップページ | 土地区画整理事業を施行すべき区域について »

2013年6月 7日 (金)

雨戸の話

突然ですが、皆さんのお宅には雨戸はありますか?

それはどんな雨戸ですか?

ここ最近住宅街でよく見かける雨戸は、上下に開閉するシャッター

式のものですが、私は個人的にどうも好きではありません。

特にシャッターボックスと呼ばれるシャッターの収納される部分が

大きくて目立つのが、その理由です。

もちろん、シャッター自体も意匠的に気に入りません。

かと言って、ちょっと昔の住宅で多く見られたアルミ製の戸袋タイプ

の雨戸も戸袋自体がこれまた大きくて目立つので、いいとは

思えませんし、毎日一枚一枚出し入れするのが大変という話をよく

聞いたりもします。

私が幼少の頃は、祖父母の家をはじめ多くの家が戸袋式の

木製雨戸で、ガラス戸も網戸も木製建具だった記憶があります。

三月下旬に引き渡しをした「高松のコートハウス」は、築40年の

木造二階建ての建て替えで、同じように戸袋式の木製雨戸が

付いていました。

ご家族の方から

「新しい住まいにも防犯を考慮して大きな引き違いサッシに

雨戸を付けてほしい。」

とのご要望がありました。

シャッター式でも戸袋式でもない、使い易くてデザイン性も

優れた雨戸はないものかと、いろいろ探してやっと見つけた

のが、今回採用したジャバラ式の雨戸でした。

これですと、全開した際に窓の横に折り畳んでスッキリ納まり

ますし、閉めた時でも目立たずに綺麗です。

また、上部にローラーが付いているので、開閉がスムーズで

楽ですし、枠と雨戸の羽根も厚みのあるアルミで頑強に出来て

いるため、建て主家族にも好評でした。

「雨戸」と言っても最近は、雨風をしのぐというよりも防犯を

考慮して取り付けることのほうが多いようです。

窓ガラスはほとんどがペアガラスですし、飛散防止フィルム

を貼るケースも増えてきました。

P1210135

■雨戸を開けた状態

P1210146

■雨戸を閉めた状態

実は、私の設計した住宅で雨戸を付けたのが、今回が

はじめてだったのです。

今まで建て主さんから雨戸の要望もありませんでしたし、

今回のこの住宅も含めて、大きな窓は出来る限り外部

から見られない場所にしか設けませんでしたし、飛散

防止フィルムを貼ることで防犯性能は確保していました。

でもやはり、私自身が今まで優れた雨戸に出会わなかった

という点が大きかったのかも知れません。

« 奥様のこだわりキッチン | トップページ | 土地区画整理事業を施行すべき区域について »