無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 中庭のある家 | トップページ | 京都新聞の夕刊に »

2012年7月28日 (土)

「練馬高松の家」地盤調査

先日、実施設計中の「練馬高松の家」の地盤調査が

行われました。

この住宅は建て替えであるため、本来ならば既存

の家を解体して更地の状態で行いますが、敷地が

比較的広く、既存建物の周囲に余裕があったので、

既存建物がある状態での地盤調査が可能でした。

調査方法は地盤調査では最も一般的なスェーデン

式サウンディング試験と呼ばれるものですで、調査

費用は3~5万円程度です。

P1190042

鉄の棒を地面に垂直に立て、それに受け皿とハンドル

を取り付け、円筒形のおもり一個ずつ載せていきます。

ハンドルを回転させながら棒を貫入させて棒を25センチ

沈むのにハンドルを何回転させたかを記録していきます。

P1190035

敷地内の5箇所を測定していった後は、測量地点の

レベル差を計測していきます。

P1190045

炎天下の中、二人の作業員は汗を流しながら黙々と

測量をされていました。

1週間後に届けられた報告書により、比較的地盤は

しっかりしていて、地盤改良や杭を打つ必要がない

ことが判明しました。

木造住宅と言えども、このような地盤調査は必要

不可欠なのです。

« 中庭のある家 | トップページ | 京都新聞の夕刊に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。