無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 敷地境界杭 | トップページ | 基本設計から実施設計へ »

2012年5月16日 (水)

「練馬高松のコートハウス」プレゼン

先日の日曜日、現在計画中である二世帯住宅の

「練馬高松のコートハウス」のプレゼンテーション

を建て主さまに行いました。

建て主さまからのご要望を元に今回私どもが提案

させていただいたプランは二つの中庭があるコート

ハウスです。

P1180399

敷地が都心内の割に比較的広く、角地による建ぺい率

が10%緩和されて60%を最大限に有効活用してほぼ

平屋に近い二階建てとしました。

P1180398

コートとは中庭という意味で、パティオとも呼ばれたり

する中庭のある住まいは、都市部のような住宅密集地

では採光や通風、セキュリティの上でも有効です。

一見、外観からは窓が少なく閉鎖的な印象ですが、一旦

建物内部に入ると、中庭から光が差し込んで風通しの

いい住まいなのです。

いわゆる外部空間である中庭も内部空間と同等に考えて

空間を構成しています。

また、建物内部に居ながら自分達の家を眺められるのも

コートハウスの特徴と言えるでしょう。

中庭には、現在所有されている樹木を適切に配置します。

« 敷地境界杭 | トップページ | 基本設計から実施設計へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敷地境界杭 | トップページ | 基本設計から実施設計へ »