無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 庭の手入れ | トップページ | 寝室について »

2010年9月22日 (水)

戸建て住宅にも修繕積立費を

分譲マンションなどの集合住宅にお住まいの方にとって

毎月支払わなければならない「修繕積立費」は、意外と

大きな負担になると、よく言われます。

その点で一戸建ての住宅はその負担がない、という話

も耳にしますが、決してそんなことはありません。

マンションの場合は複数の世帯が住み、建物規模も大きい

ので管理会社が代わりにメンテナンスなどをまとめて請け

負っているだけであって、一戸建て住宅の場合は管理が

ただその家に住む建築主個人になっただけの違いに

過ぎません。

つまり自分達の財産である住まいを自分達で守り、維持

管理を行わなければならないということです。

新しく一戸建て住宅での生活が始まり、10年、15年、20年

と年月が経つと、どこかしら不具合や汚れた箇所が出てきて

修繕しなくてはいけない時期が来るものです。

私の事務所をはじめ他の設計事務所でも建築主に住宅を

引き渡す際に、メンテナンスの手引き書などは必ず設備機器

の取扱い説明書と一緒にお渡しします。

また、1年後や2年後に施工会社の担当者と伺って点検を

行なったり、5年後や10年後には修繕などのご相談の手紙を

送ったりします。

風雨に耐えてきた外壁、屋根やサッシといった外周りや、内部

の水廻りや電気といった設備関係、建具類といった部分は、

ある時期になったら補修や修繕する必要が出てくるのです。

したがって建築主への引き渡し時に私は、そのような時期に

備えて毎月決まった金額をメンテナンス費用として積み立てる

ことをおすすめしています。

もちろん、普段から自分の家にどこか不具合なところはないか、

チェックする習慣があるほうがベストです。

ちょっとした不具合でもすぐにその都度対処するのが、住まいを

長持ちさせる秘訣です。

マイカーを洗車したり定期点検するのと同様に、住まいはその

何倍以上もの大金を捻出し、その何倍以上の年月を毎日使う

愛着のある大事な財産なのですから。

« 庭の手入れ | トップページ | 寝室について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭の手入れ | トップページ | 寝室について »