無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 住まいづくりに必要な費用 | トップページ | 洗濯物はどこで干す? »

2010年5月16日 (日)

古家付きの土地物件もあり?

土地探しの相談を受けている中で、相談者から

「古家付きの土地ってどうなんでしょうか?」という

質問をされることがある。

一般的に、自分達で実際に歩いて土地を探す場合、

やはり更地でしかも「売り出し中」という不動産会社

の看板を頼りにするだろう。

不動産広告の中には「古家あり」などと書いてあり、

その古家の写真まで載っている物件も稀に見るが、

たいていは、敷地形状だけというのがほとんどだ。

既に「空き家」となっている古家付き物件もたまに

「売り出し中」の看板が掲げられているケースもあるが、

現在も「居住中」である古家付き物件ではそんなことは

近隣の目もあるのでありえない。

したがって「古家付き」物件は、実際に不動産会社や

インターネットで探すことになる。

「古家付き」物件といっても、更地にしてから引き渡す

ケースと現状のままで引き渡すケースがあるので、

注意が必要です。

もし現状引き渡しの場合、その古家を解体する費用が

別途かかります。

しかし、古家付き物件もメリットはあります。

それは、解体する前に建物内部から周りの眺望が確認

出来ることです。

たいていの古家は2階建てなので、特に2階からの眺め

をチェックするのに適しています。

一般的に住宅地の場合、敷地の周りは隣家が接近して

いるので、採光と風通しを考慮して2階にリビング、ダイ

ニング、キッチンといったパブリックスペースをもってくる

プランがあります。

そんな時に2階からの眺め、光の入り方、風の抜け方と

いった点を確認できるのです。

実際に私が以前、土地探しから携わった方はそうやって

解体される直前に古家の2階からの眺望をチェックして

近所の都立公園の緑を借景として取り込んだプランに

しました。

よって、土地探しから住まいづくりを考える場合、更地だけ

にこだわらずに古家付きの土地も選択肢のひとつとして

みてはいかがでしょう。

« 住まいづくりに必要な費用 | トップページ | 洗濯物はどこで干す? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 住まいづくりに必要な費用 | トップページ | 洗濯物はどこで干す? »