無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


« 洗濯物はどこで干す? | トップページ | パントリーというスペース »

2010年5月26日 (水)

やっぱり「南側道路」の土地がいい?

先週末、私のホームページをご覧になった方が事務所へ

相談にいらっしゃった。

この方は、同じ沿線にお住まいでこれから土地をお探しに

なるというので、土地を探す上でのポイントや手段、注意点

といったことを伺いたいということだった。

こちらからひと通り説明したあと相談者に、どのような土地が

ご希望なのかお聞きしたところ、

「やはり、30坪程度で南側に道路がある土地がいいですねぇ。」

とおっしゃった。

以前にもこのような土地を望まれる方が何組かいらしたのを

思い出した。

不動産広告の宣伝文句に「南側道路で日当たり抜群!」

というのをよく見かけるが、皆さんはそういう言葉から

知らぬ間に「南=日当たり良好=いい土地」という先入観

をお持ちになっているのだろうか?

もちろん、そのことに対して異議を唱えようとは毛頭ないが、

メリットばかりではないということを知っていただきたい。

一般的な住宅地では、それぞれの土地に対して道路斜線、

北側斜線といった制限を受ける。

南側道路の土地の場合、道路斜線は南側から、北側斜線は

北側(真北)からと、それぞれから斜線制限を受けて削られ、

建築できる範囲(ボリューム)が小さくなる。

一方、悪条件と思われがちな北側道路の土地は、道路も

北側のため、道路斜線と北側斜線とが同じ北の方角からの

制限を受けるので、建築可能なボリュームは南側道路の土地

よりも大きくなる。

もちろん、建ぺい率と容積率の許容範囲内での話ですが。

なかなか文章のみでの説明ではわかりづらいと思いますが、

むしろ北側道路の土地のほうがいい点もあるのです。

さらに南側道路の土地の場合、玄関アプローチやカーポート、

ガレージといったスペースはおのずと道路のある南側に

設けることになり、せっかくの南側に採光を必要としない

スペースが占めてしまいます。

また、1階にリビングを配置してその前に庭を設けた場合には

道路から丸見えになるので、その対策も必要になります。

南側道路の土地で1階にリビングがあるのに、一日中カーテン

が閉まっている家をたまに見かけたりしますが。

言うまでもありませんが、南側道路の土地でも住みやすくて

日当たりのいい設計は可能です。

どんな条件の土地でも設計するのが、我々の仕事ですから。

住宅地の場合、建ぺい率は40%から60%程度であるので

北側道路の土地でも設計次第で日当たりのいいプランの配置が

可能なのです。

不動産価格の観点からすると、断然南側道路の土地のほうが

北側道路の土地より高いですし、資産価値もいいでしょう。

これから土地を探しての住まいづくりをお考えの方に、私は

「北側道路の土地」をむしろオススメします。

« 洗濯物はどこで干す? | トップページ | パントリーというスペース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 洗濯物はどこで干す? | トップページ | パントリーというスペース »