2017年4月24日 (月)

建築家、山田守の自邸を見学

先週、南青山にある建築家、山田守の自邸を見学してきました。

ちょうど4月12日から23日まで没後50周年という節目で、

「建築家・山田守の住宅」展が開催されるにあたり、普段は非公開

の2階部分を見学することが出来ました。

Kimg1072

青山のど真ん中に、こんな緑豊かな住宅があるなんて驚きです。

山田守と聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、東京九段

にあります日本武道館や京都駅前の京都タワーを設計したのが

建築家の山田守です。

そのほかにも全国で数多くの公共建築をはじめ学校建築や病院

建築などを設計しました。

Kimg1073

この住宅の特徴は、薄くて水平性を強調した庇と大きな開口部。

ピロティと大きなお庭、櫛引き模様の外壁、繊細な手摺、そして

曲面のコーナー部分など外観だけでも多くあります。

もちろん内部の意匠もSFっぽい感じの一方で、畳敷きの和室も

鴨居や柱、欄間など凝っていました。

写真があればもっとわかりやすいのですが、内部の撮影は残念

ながらNGでした。

Kimg1076

Kimg1081

私が訪れたのは平日の昼時でしたが、思っていたいた以上に

大勢の見学者がいらして、偶然にも建築家仲間の方たちとも

お会いしました。

ちなみに1階部分は喫茶店になっており、誰でも入るこの空間

を体感出来ます。

Kimg1084

2017年4月13日 (木)

リノベーション計画地の立石へ

このあいだの日曜日、リノベーション計画を予定している

木造平屋建ての住宅がある京成立石へ友人たちと庭の

草刈りと住宅の様子を見に行ってきました。

現地を訪れるのは昨年の夏以来なので私も家の様子が

気にはなっていましたが、思っていたよりも雑草は伸びて

いませんでした。

Kimg0805

Kimg0811

むしろ、お庭にあるみかんの木に果実がたわわになって

いてビックリしました。

Kimg0812

総勢4名により、途中お茶休憩を挟んで約4時間ほどで

だいぶ雑草が刈られて綺麗になりました。

せっかく立石にいるので、参加者4名でお疲れ会を近く

の居酒屋で1次会、2次会は地元で有名な餃子屋さんへ。

Kimg0827

水餃子は、目の前で皮を延ばして餡を手際よく包んでいき、

あっという間にお湯の中へ。

皮はぷるんと口の中へ滑り込み、もちもちの食感がいい。

Kimg0829

一方、焼き餃子は皮がパリパリ、中の餡はジュワー。

烏龍玉子としょうゆラーメンも頂きました。

Kimg0828

Kimg0830

デコラの赤いカウンターがなんとも言えずいい。

お腹一杯になったところで、みんなでカラオケしてこの日は

お開き。

Kimg0826

ところで、京成立石駅って、踏切の真ん中から見ると、

左右対称のシンメトリーなんだなぁー。

2017年4月 5日 (水)

「瑞江の家」基本設計プレゼン

先日、「瑞江の家」の基本設計プレゼンテーションを建て主へ

おこないました。

平面図、立面図、断面図などの図面はもちろんですが、やはり

プレゼンテーションの主役は模型です。

今回は基本設計なので、縮尺は1/100。

まずは、ベースから製作していきます。

Kimg0708

薄いグレーが今回の土地で、濃いグレーが道路。

こうして見ると、敷地が狭く、道路が広いことが一目瞭然です。

その次に製作するのが隣家のボリュームで、光の取り入れ方

や風通し、窓の位置などを検討する上で、とても大切なのです。

Kimg0716

このボリュームはスタイロフォームと言って、本来は断熱材

として使われる建材ですが、私が学生時代の頃から建物の

ボリューム製作にはこの材料を使っていて、画材屋さんや

ホームセンターで売っています。

これをニクロム線に熱を通してカットする専用の工具を使い、

形を作ります。

そして最後に設計した住宅本体を製作します。

Kimg0748

壁の一部と屋根は接着せず、取り外して内部が覗けるように

します。

この模型によって、建て主さんもどういう家なのかがよく理解

していただけます。

今回のプレゼンテーションで、多少の変更と宿題が出ましたが、

概ね基本設計の骨格が決まりました。

2017年3月22日 (水)

12年前に設計監理をした住宅を訪問

先週末、12年前に設計監理をした「借景を取り込む家」へ

外壁改修の相談で久しぶりにお邪魔しました。

お庭には、綺麗な花と大きく成長した樹木がありました。

Kimg0568_5

Kimg0565

ちょうど竣工時に赤ちゃんだったお子さんも大きくなられて、

来週小学校を卒業し、来月からは中学生になるということで、

この住まいと共に成長されてきたんだなぁ、と感慨深い

気持ちになりました。

Kimg0571

Kimg0570

2017年3月16日 (木)

「瑞江の家」設計契約

先月下旬に設計契約を結んだ江戸川区のプロジェクト。

家族4人のためのコンパクトな住宅の設計がはじまり、

現在は基本設計中。

限られた広さの敷地を有効に使い、建て主家族にとって

居心地のいい住まいにしたいと思います。

P13208401

«京都の旧三井家下鴨別邸