2016年9月23日 (金)

京都滞在中の朝は散歩とパン

普段、朝食でパンを食べない私も京都に来ると無性にパンが

食べたくなります。

実際、京都のパン消費量は全国トップ、朝食がパンという家庭

のほうが多く、パン屋さんも至るところにあります。

今回の京都滞在もいつも利用している「ヴィアイン京都四条室町

というホテルにしたのですが、ここは四条烏丸という便利な場所に

あるのと、朝食がとても気に入っています。

Kimg7899

なんと焼きたてのパンが食べ放題なんです。

毎朝違った種類のパンが並んでいて、私は特にクロワッサン

が好きです。

もちろん、ご飯がメインの和食もチョイス出来るので、連泊の

時は助かります。

また、京都滞在中は必ず毎朝、朝食後に近所を散歩するように

しています。

京都には車が通れないような細い道がたくさんあり、通り抜けが

出来る小道を「辻子(ずし)」、行き止まりの小道を「路地(ろうじ)」

と呼ぶそうで、この日の朝はホテルから四条通りを歩き、この

ような「膏薬辻子(こうやくのずし)」を通りました。

Kimg7887

P1310300

路面がアスファルトでなく石畳になっているのもいかにも京都

らしく、格子戸や簾も風情があります。

P1310302

さらに広い道路に出てクネクネ歩いていくと再び細い道へ。

P1310312

これまた趣きのある小道で、向かい合った家の軒先が

近づいています。

実は、この日の散歩はとある場所へ行くのが目的でして、

ホテルからちょっと離れているのですが、堀川通りを渡り

松原通りを少し西へ行ったところにある「まるき製パン所」

のパンを買うためでした。

Kimg7907

ここのパン屋さんはとても有名で、なんと朝の6時半に開店

します。

店構えといい、パンの並べ方といい京都らしいのです。

私はここのコッペパンが大好きで、特にキャベツの千切りと

ハムを挟んだハムロールと、同じくコッペパンに黄色い

カスタードクリームではなく白いミルククリームの入った

クリームパンが気に入っていて、京都へ来た時には朝の

散歩を兼ねて買いに来ます。

この日も朝の8時すぎに来ましたが、写真のとおりお客さんが

ひっきりなしに買いに来ます。

Kimg7906

朝食にホテルで焼きたてのパンを食べてもここのパンは朝に

食べたくなるんです。

買ったあとは、再び散歩をしながらホテルへ戻りますが、往き

とは別の道を通ると、興味深い建築物に出会えるので、これも

京都散歩の醍醐味です。

P1310306

P1310310

P1310313

P1310314

2016年9月20日 (火)

京都でお気に入りの場所

このあいだ遅い夏休みを取り、久しぶりに訪れた京都。

その時に必ず行く場所がふたつあります。

ひとつは、ちょうど定宿にしているホテルの真ん前にある

京都芸術センター」で、元々小学校だった建物です。

Kimg7877

二宮金次郎の像が残っています。

Kimg7878

中へ入ると、レトロ感満載です。

Kimg7884

木の板が貼られた真っ直ぐな廊下は、歩くたびに軋む音と

独特な匂いがします。

芸術センターということで、ここにはギャラリーとアトリエが

あり、いつも若いアーティストの展覧会が催されています。

そのほかには、京都で有名な「前田珈琲」が入っていて、

私は来ると必ずここのコーヒーを飲みながらこのレトロ空間

を楽しみます。

Kimg7886

もうひとつは、大徳寺高桐院です。

P1310411

ここは、なんといってもこの長いアプローチとお庭です。

P1310409

苔も見事で、美しいです。

P1310398

P1310416

ここへ来ると、お庭を眺めながらしばらくボーっとするのが

いいんです。

P1310410

もちろん、秋の紅葉の時期は素晴らしいので好きですが、

私はこの緑色が鮮やかなこの時期が、人も比較的少なく

ゆっくり落ち着けて好きです。

Kimg7983

P1310403

P1310414

2016年9月16日 (金)

京都東山の名勝、無隣庵へ

遅い夏休みで久しぶりに訪れた京都。

今回どうしても訪れたかった場所が、東山の南禅寺界隈に

ある山縣有朋の別荘だった「無隣庵(むりんあん)」でした。

以前、確かNHKのEテレで放送されていた南禅寺界隈の

別荘群の映像を観て感動し、どうしても訪れてみたくなり、

この旅のプランに入れました。

まずは、最寄駅の地下鉄東西線「蹴上(けあげ)駅」へ。

<蹴上>とは、私の仕事でもある建築設計でよく用いる

用語で、階段の一段の高さのこともいいます。

ここから無隣庵までは歩いてすぐなのですが、せっかく

こっちまで来たので、ちょっと寄り道をするため道路の

反対側にある煉瓦のトンネルへ。

P1310581

このトンネルが有名な通称「ねじりまんぽ」。

アーチ部分の煉瓦が斜めにねじられたように積まれていて

なんとも不思議です。

P1310598

P1310599

このトンネルを抜けたその向こう側には、あの南禅寺界隈

の別荘群です。

P1310593

P1310594

P1310589

いずれも立派な門構えで広大な敷地のため、別荘建物はもちろん

中の庭園の様子はうかがい知ることが出来ません。

なにしろ庭の手入れだけでも大変なもので、維持管理費だけでも

相当かかります。

再び、ねじりまんぽを通り抜けて、無隣庵へ。

P1310603

長い塀に沿った道を歩いて行くと、入り口に辿り着きます。

P1310606

にじり口のような背の低いところを潜ると、庭園へ。

P1310613

奥行き感があり、背後の東山を借景として取り込んだ七代目

小川治兵衛による作庭で、この山縣有朋の別荘がきっかけで

南禅寺界隈に別荘が建てられて、小川治兵衛の名も有名に

なったそうです。

P1310616

P1310633

もちろん茶室もあります。

P1310640

P1310639

陽射しが強い夏の季節でも苔が綺麗な緑色をしていました。

P1310642

P1310643

P1310647

この日は快晴で京都らしい暑さでしたが、日の光に照らされて

青もみじが透けて美しく、この時は暑さを忘れました。

P1310652

庭園だけでなく、別荘のほうも凝った意匠でした。

P1310660

立派で広い庭園がある一方で、京都らしい坪庭も。

P1310661

南禅寺界隈の別荘群で唯一一般公開している無隣庵は、

私は今回はじめて訪れましたが、とても素晴らしかったです。

2016年9月13日 (火)

「京の夏の旅」で特別公開の文化財を巡る

遅い夏休みを取って、久しぶりに訪れた京都。

着いたその日に、私が設計監理をした京都の二世帯住宅

が完成して4年が経ったので、お宅にお邪魔して住まいの

状況を拝見し、建て主ご家族にお会いしました。

そして今回の旅のメインは、<京の夏の旅>と題した特別

公開されている文化財を巡ることでした。

幸い天気にも恵まれ、レンタサイクルを利用して東西南北

と自転車で走り廻りました。

まず訪れたのは、平安女学院大学の有栖館(有栖川宮旧邸)。

P1310345

烏丸通の京都御所の真向かいにあります。

こちらの黒く光った板貼りは能舞台で、奥に見える庭園は

11代小川治兵衛による作庭です。

P1310336

欄間も繊細で美しいです。

P1310330

透かし彫りも見事です。

P1310338

P1310341

旧宮家ということで、菊の紋章が入っています。

P1310337

次に向かったのは、「藤田家住宅」。

P1310348

なんといっても感動したのは、この吹き抜けと天窓(トップライト)。

P1310356

その他、全体的な意匠も素晴らしかったです。

夏のしつらえが、なんとも京都でした。

P1310379

洋間の天井が網代で、照明器具もお洒落です。

P1310358

この洋間にあるマントルピースとテーブルと椅子が、とても

この空間に合っていました。

P1310384

それにしても、この吹き抜けと天窓の空間が素晴らしく、

壁面も凝っていて、私はしばらく見上げてました。

P1310386

三つ目に訪れたのは、東山にある「並河靖之七宝記念館」。

こちらは、前の2ヵ所と離れているので、次の日に行きました。

P1310686

こちらは、残念ながら建物内部の撮影はNG。でも七代目、

小川治兵衛の作庭によるお庭は撮影が出来ました。

もちろん、七宝焼きの作品は正に芸術品でした。

P1310692_2

説明をしてくださったボランティアガイドの方によると、この

庭を見て、いたく感動した山縣有朋が自身の別荘の作庭を

小川治兵衛に依頼し、それがきっかけで小川治兵衛の名が

知れ渡り、有名になったそうです。

その山縣有朋の別荘「無隣庵」も今回の旅で訪れました。

そのことについては、後日のブログで。

P1310694

P1310697

2016年9月10日 (土)

遅い夏休みを取って京都&大阪へ(その2)

竣工後4年が経った「京都の二世帯住宅」をお邪魔した後は、

最寄駅のJR桂川駅へ。

Kimg7861

私がこの住宅を設計監理していた4年前の当時、駅前には

何もなかったのに、今では巨大なショッピングモールが完成し、

とても賑わっており、まるで浦島太郎状態でした。

Kimg7862

またそのショッピングモールの隣には、地元の地方銀行

の立派な施設も出来たり、周辺にはマンションも何棟か

建っていました。

Kimg7868

ショッピングモールを少し見て廻ったあと、京都駅まで

戻り、預けた荷物を受け取って地下鉄に乗り換えて

烏丸で下り、宿泊するホテルへ向かいました。

«遅い夏休みを取って京都&大阪へ(その1)