無料ブログはココログ

人気ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

FCブログランキング


ウェブページ

2020年5月25日 (月)

住まいづくり相談会を再開します

長らくお待たせしました。
6月より「個別相談会」を再開させていただきますので、どうぞ​宜しくお願いいたします。

尚、当分の間、ご来所の際にはマスク着用をお願いいたします。
当事務所では、アルコール除菌スプレーを用意しており、
テーブルやイスをアルコール除菌と窓を開けての換気をおこなっております。

また、初回は当事務所にお越しいただきますが、2回以降はお客様のご要望によりオンラインによるウエブ面談(Zoom)もいたします。

無料の個別相談会(事前予約制)を下記の日程で行います。
(A:午前、B:午後それぞれ1組限定、90分)
たとえば
*土地探しからはじめる住まいづくりの進め方とは?
*購入検討中の土地についてのアドバイスがほしい
*現在お住まいの建て替えについて聞きたい
*設計事務所の住まいづくりとは?
*設計の進め方とスケジュールについて、詳しく聞きたい
*現在住んでいる戸建て住宅・マンションのリフォーム、リノベーションについて聞きたい
*中古住宅、中古マンションの購入とリノベーションについて聞きたい
など
住まいに関することなら、なんでも構いません。
お気軽にご相談ください。
​​
ご希望の日時をお選びいただき、下記のお申込みフォームに明記の上お申込みください。
お待ちしております。

​尚、下記以外の時間、または平日をご希望される方は、お問い合わせください。​
​また、下記の日程以降につきましては、決まり次第お知らせいたします。

< 日 程 >​
​​
◆ 6月6日(土)
   A,10:30~12:00 ○
   B,13:30~15:00 ○

◆ 6月21日(
   A,10:30~12:00 ○
   B,13:30~15:00 ○

◆ 7月4日(土)
   A,10:30~12:00 ○
   B,13:30~15:00 ○

◆ 7月19日(
   A,10:30~12:00 ○
   B,13:30~15:00 ○


お申込みフォームは、こちら をクリックしてください。

Ihouse29_20200525133401 

Nhouse08

 

2020年5月22日 (金)

今、お気に入りのお菓子

コロナ禍の状況なので、事務所に籠もって仕事をする時間が多くなっています。

なので、休憩時間にストックしているお菓子を食べることも自然と増えてきてしまいます。

近所のコンビにやお菓子屋で色々とお菓子を買い込んでいるのですが、その中で私のお気に入りのお菓子がこの二つです。

ひとつは、「ピリカレー」というスナック菓子。

某大手菓子メーカーのえびスナックのカレーバージョンという感じがしないでもありませんが、カレースパイスが効いてて美味しい。

こちらもやめられない、とまらない。

製造しているところが、「天狗製菓」という京都府京都市伏見区というのがちょっと意外な感じもしますが、クセになる美味しさです。

Kimg31772

もうひとつは、私にとっては懐かしい駄菓子です。

私がいつも買うコンビニでは、この6種類が詰め合わせとして袋に入って100円で売っています。

何故か、お菓子の名前に<太郎>が付いているのが面白い。

Kimg31732

これら全ての駄菓子は、茨城県常総市にある「菓道」という菓子メーカーで製造されている。

小学生に戻った感じで、いつも食べています。

2020年5月12日 (火)

小さな家の外観

「小さい家」の特徴として、建物自体のボリュームが小さくなるため外壁面もそれに伴い小さくなります。 

外壁面が小さくなる場合、道路に面する側の外観、つまり家の顔をどのようにデザインするかが重要なポイントになります。 

屋根の形状だけでも外観は工夫することが可能ですが、出来ることならそれ以外でもデザイン要素を取り入れたいところです。 

以前に設計監理をした住宅は、20坪に満たない土地(18.2坪)の木造三階建て住宅で、二つの道路に面した角地に建っています。 

角地ということもあり、二つの外壁面がこの住宅の顔である外観になるので、基本設計段階からプランニングと並行して立面の検討を重ねました。 

その結果、開口部の大きさと位置を工夫し、ルーバー(目隠し格子)と外壁面の凹凸をデザインに取り入れ、外壁の色も建て主の希望でシルバーとブラックの二色にしてモノトーンで統一しました。 

建物自体は小さいながらも、箱を積み重ねたようなモダンな外観の都市型住宅にしました。

Khouse002_20200512155401

Khouse001

2020年5月 4日 (月)

敷地の広さは30坪も必要ですか?

昨年ぐらいから事務所へ土地探しの相談にいらっしゃる方が増えてきています。
それは、事務所で「無料相談会」をご定期的におこなっていることが理由かも知れませんが、お蔭さまで事務所のウェブサイトをご覧いただく機会も多くなってきたようです。

相談にいらっしゃった方がその後に土地を見つけられて、私どもの設計事務所へ設計監理のご依頼をしてくだされば嬉しい限りですが、無料相談会では必ずしもそういう方だけではありません。
私どもの事務所が東京都練馬区にあるので、相談者の多くは同じ練馬区内か、あるいは都内近隣の区や市にお住まいの方になります。

相談者からの質問にお答えたりしたあと、私のほうからあえて
「どのくらいの広さの土地をお探しですか?」
という問いをすると、ほとんどの方が口を揃えて「30坪くらい」と同じ返答をされます。
30坪を㎡(平方メートル)に直すと、30÷0.3025=99.1735㎡、約100㎡の広さとなります。
つまり、30坪=100㎡ということでちょうどキリが良く、覚えやすい数字だからなのでしょう。
しかも100㎡は、縦10m×横10mの正方形の広さに等しいというわかりやすさも合わせ持っています。
さらに、不動産広告にも「30坪の広さ」という宣伝文句をよく目にします。

以上のような理由で、土地の広さは30坪がなんとなくいいと思っているような気がします。
実際、相談者にどういう住まいを希望されているのか詳しく伺うと、本当に土地が30坪も必要ですか?と思うケースがよくあります。

なぜこのような話をするかと言うと、ここ最近東京都内の土地の坪単価(特に23区内)が上昇しているからです。

限られた予算内で土地を購入して住宅を建設する場合、土地の購入予算を抑えて出来るだけ住宅本体に予算をかけたいと思いますよね?
もちろん家族構成や生活スタイル、趣味などにより30坪以上の土地が必要な場合もありますが、ご夫婦とお子さん2人の4人家族が住む家の場合、30坪の広さの土地がなくても居心地のいい住まいは十分可能です。
もちろん、予算内で30坪以上の土地が購入出来るのであれば、それに越したことはありません。

土地探しから住まいづくりをお考えの方の場合、自己資金と金融機関からの住宅ローン(融資)を利用して総予算を確定することからはじまります。

ここで最も重要なことは、土地の購入価格と住宅の建設費との予算配分です。

相談会での中で、希望する住まいについてヒアリングをし、全体の広さ(延べ床面関)から仕様、設備などおおよその建設費を算定して予算を確保しておくことをお勧めしています。

この建設費の予算が確定すると、総予算から建設費予算を差し引くことでおのずと土地購入予算が決まってくるからです。

この土地購入予算内で、自分たちの希望する土地を探すことが最も重要です。
いくら条件が良い土地が見つかったとしても、想定している予算をオーバーしてしまっている場合には、急がず慌てず熟慮して決断し、購入を断念する勇気も大切です。
この予算配分を誤り、土地購入の想定予算をオーバーしているにもかかわらず無理して土地を購入してしまっては、自分たちの希望する住まいが実現出来なくなってしまいかねません。

したがって、土地購入から住まいづくりをはじめる方は、決して土地の広さや条件に固執せず、先入観を持たずにある程度長い目で広い視野で土地探しをされたほうが良いと思います。

 

2020年5月 1日 (金)

こういう状況だけれど

新型コロナウイルスの影響で、外出が制限されて不自由な生活を送っていることと思います。

幸い、私の仕事場は自宅から自転車で15分ほどの距離にあるので、平日は通常通り自転車通勤していますが、昼食は飲食店のテイクアウト弁当やパン屋さんを利用して仕事場で食べることがほとんどです。

なので、通勤の往復と昼休みに弁当やパンを買いに行く時間が唯一の外出時間です。

自宅から仕事場へ向かう途中、石神井公園を通って新緑を眺めています。

Kimg3211

Kimg3212

青もみじや柳が綺麗です。

Kimg3213

石神井池の隅っこには、黄色と赤色の鮮やかなチューリップが咲いていました。

Kimg3196

Kimg3194

仕事場の最寄駅でもある石神井公園駅の駅前ロータリーには、大銀杏に若葉が生えて黄緑色になりました。

Kimg3208

また、石神井池のボート乗り場近くに計画されている道路のちょうど真ん中には立派なヒマラヤスギが一本あり、今後どうなるかちょっと心配です。まさか伐採されることは無いと思いますが。

Kimg3201

一方、自宅近くの小さな公園には藤棚があり、ちょうど見頃を迎えていますが、こういう状況なので人は居ません。

Kimg3236

Kimg3237

短時間ではありますが、自然の植物から春を感じて、同時に力ももらっています。

どうか早く感染が収束して、日常生活が送れますように。

«軒の無い家